サンマルチノ HOMEへ
ONLINE USED CD SHOP
SINCE 2004.10.17
RENEWAL 2006. 1.12
注文方法 当店について コラム 日記 リンク
パブ・ロック
NEW
SINGER
SONGWRITER
AMERICAN
ROOTS ROCK
PUB ROCK
PUNK
GARAGE
NEW WAVE
NEO ACOUSTIC
GUITAR POP
POWER POP
50'S/60'S
70'S
MODS
ROCK
BIG NAME
ROCK FEMALE
ROCK OTHER
JAPANESE
SOUL/FUNK
HIP HOP
JAZZ
FRENCH
SOUNDTRACK
REGGAE/SKA
WORLD MUSIC
ETC

 
このコーナーでは所謂パブ・ロックと呼ばれるジャンルのものは勿論のこと、パブやバー等の小さな箱に似合いそうな、一般にパブ・ロックと呼ばれるアーティストが持つ空気感と同種の雰囲気が漂うと思うアーティストを独断と偏見でまとめてあります。ブリティッシュ・フォーク/トラッド、アイリッシュ系もこちらです(ジャケット画像をクリックすると収録曲等の情報を表示します)。

パブ・ロック■ ■ブリティッシュ・フォーク/トラッド&アイリッシュ関連
パブ・ロック(売り切れ)

ブリティッシュ・フォーク/トラッド&アイリッシュ関連(売り切れ)

■パブ・ロック■
収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE BLUES BAND 「Fat City」
(RCA PD 75100)  German盤   Release 1991
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり)  price:\1,300

ザ・ブルース・バンドと何ともベタなバンド名の5人組の91年作。おっと、おっさん5人組カと思ったら、リード・ヴォーカルは元マンフレッド・マンのポール・ジョーンズではないですか!無理矢理「パブ・ロック」コーナーに押し込んでいますが、@BDFK等、都会的な洗練されたAOR的なアーバン・ブルースを中心に、全般に大人なブルースを展開しています。@Kには意外にもナット・アダレイがコルネットで参加。他にもメンフィス・ホーンズやココモ・シンガーズ、ルーモアのブラス隊等も参加した一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい NICK LOWE 「Pinker And Prouder Than Previous」(DEMON FIEND CD 99)
UK盤  Release 1988 price:\2,500
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) 

ニック・ロウ、88年のソロ通算7作目。ポール・キャラックやルーモアのマーティン・ベルモント、ロックパイル時代の盟友テリー・ウィリアムス等を中心にした演奏陣をバックに、ファビュラス・サンダーバーズのキム・ウィルソンとジミー・ヴォーンが参加した@、ロックパイル時代を思わすロックンロールB、ジョン・ハイアットが提供&参加した名曲C、グラハム・パーカーのカヴァーE、本作中唯一デイヴ・エドモンズのプロデュースでエドモンズのロック・フィールド・スタジオ録音のG等を収録。ゴキゲンなロックンロールから、徐々にアーシーで渋くなっていく後の路線の萌芽も感じさせる一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい NICK LOWE 「Basher  The Best Of Nick Lowe」(DEMON/Columbia CK 45313)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、古本シミあり) US盤   Release 1989  price:\700 
アメリカン・ルーツ・ロック色を強めていく90年のアルバム『パーティ・オブ・ワン』以前の、飛び切りポップだった時代のニック・ロウの曲を集めた89年リリースのベスト・アルバム。オリジナル・アルバム未収録のシングル曲@AG、ロックパイルの唯一のアルバムからのN等、ソロ初期〜中期の代表曲を網羅。ニック・ロウ初心者や数曲しか知らない人等には非常に便利な、弾けるような軽快でポップなロックンロールを、時系列順に全25曲77分のヴォリューム満点の一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい NICK LOWE 「Party Of One」(REPRISE 7599-26133-2)
Germany盤    Release 1990   price:\500
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレあり)

仲違いしていたと言われていた盟友デイヴ・エドモンズをプロデューサー(&ギタリスト)として迎え、ジム・ケルトナー、ライ・クーダー、ビル・カーチェン、ポール・キャラック等と共に新たなニック・ロウ像を作り始めた90年のアルバム。それまでのパワー・ポッパーな感じから、以降の米南部志向も滲ませる渋いロッカーへと変化していく切欠となった一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ニック・ロウ 「ディグ・マイ・ムード」(DEMON SCR-2)  price:\1,200
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。函表面に少し疵あり) 国内盤帯あり函入り特殊パッケージ Release 1998(国内盤定価\2,300)

傑作『インポッシブル・バード』から4年ぶりとなる98年のアルバム。『パーティ・オブ・ワン』あたりまでに遡ったポップさを聴かせるA、ジャジーでムーディーなB、元グリース・バンドやウィングスで活躍したヘンリー・マッカロウのソロ曲のカヴァーで内省的なE、ほのぼのとしたカントリー路線のF、アイヴォリ・ジョー・ハンターのカヴァーK等を収録。前作ほどアーシーで渋いいぶし銀な雰囲気では無いものの、『パーティ・オブ・ワン』以降の落ち着いた路線を継承した一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい GREGSON & COLLISTER 「A Change In The Weather」
(RHINO R2 70914)  US盤    Release 1989   price:\1,300
状態 A(裏ジャケほんの少し焼けあり<爪跡箇所の変色一箇所>)

グレッグソン&コリスターの89年のアルバム。シンプルなバンド編成をバックに、ストレートなヴォーカルのグレッグソンと、カサンドラ・ウィルソン似の低音のコリスターの男女デュオの掛け合い(もしくはそれぞれソロ)で、フォーク、カントリー、ブルース、ロック等をベースにしたグレッグソンのオリジナル曲中心(Cのみエルヴィス・プレスリーのカヴァー)でまとめた一枚。地味渋ながら聴けば聴くほど味わいが増していくであろう事必至の一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい GREGSON & COLLISTER 「The Last Word」(RNA R2-70282)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) US盤  Release 1992 price:\700

リチャード&リンダ・トンプソンに匹敵する英国男女デュオと高い評価を受けながら、本作を最後に解散してしまったため、ラスト・アルバムとなってしまったグレッグソン&コリスターの92年の通算5作目。全曲グレッグソンが手掛け、EGHIはブー・ヒュワディーンとの共作(AGにはヒュワディーンも参加)。シンプルな演奏と、味わい深い二人のヴォーカル、一聴してガツン!とくる訳ではないものの、ジワジワと染み渡る、時折手にとって耳にしたくなってしまうような一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい CLIVE GREGSON 「People & Places」
(Compass 7 4227 2)  US盤  Release 1995   price:\1,000
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレあり)

クライヴ・グレッグソン、95年リリースのソロ通算4作目。カムデン・タウンで一番可愛い少女について郷愁豊かに歌う@、ピアノ弾き語りによるB、心に染み渡るような切なくも暖かい名曲DK、ブー・ヒュワディーンとの共作による、本作中唯一パワフルにロックするF等を収録。詩情溢れる世界を、シンプルなサウンドと暖かみのある豊かな歌声で再現した、ブリティッシュ・フォークの伝統に連なる一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい クライブ・グレッグソン 「アイ・ラブ・ジス・タウン」(COMPASS APCY-8380)
国内盤帯あり  Release 1997(国内盤定価\2,500) price:\1,200
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。裏ジャケ表面に少し疵あり)

96年リリースのソロ通算5作目。ライナーによるとナッシュヴィルへ移住したとの事ながら、特にカントリー・テイストが強くなった訳でもなく、アコースティックで穏やかなスロウJ等を交えつつ、Bを筆頭に、彼が率いたエニー・トラブルや初期のコステロを思わす、ワクワクするような軽快なロックを中心にした一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい クライヴ・グレッグソン 「ロング・ストーリー・ショート」(Sailor SA25003)
国内盤帯あり  Release 2004(国内盤定価\2,500)  price:\1,000
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり)

2004年リリースのソロ・アルバム。グレッグソンのソロ・ライヴのように、ほとんどの曲を彼のヴォーカルとアコースティック・ギターの弾き語りで構成した一枚。アルペジオ等を多用した穏やかなフィンガー・ピッキングが繰り出すアコギのフレーズと、グレッグソンの太く温かみ溢れる歌声が相まったハートウォーミングな一枚。日本盤のみボーナス・トラックとしてOPを追加収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ダーティー・ストレンジャーズ 「ダーティー・ストレンジャーズ」 
(RAZOR JICK-89447) 国内盤帯あり Release 1994(国内盤定価\2,300)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少し古本シミあり) price:\800
ジェネレーションXの警護を担当していたというアラン・クレイトンと、元ラッツのポール・フォックスを中心として結成されたダーティー・ストレンジャーズの88年のデビュー・アルバム。初期UKパンク周辺にいた二人ながら、出てくる音はもろにローリング・ストーンズ〜ニューヨーク・ドールズ直系のルーズなロックンロール。そんなそっくりさんながら本家本元よりキース・リチャーズが@CDEGKと6曲、ロン・ウッドがABHの3曲、またイアン・デューリー&ブロックヘッズのミッキー・ギャラガーもAHに参加。B〜C級のストーンズ・フォロワー・サウンドも、どこか憎めない一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DR.FEELGOOD 「Down By The Jetty」(GRAND GRANDCD 05)
状態 B(盤に疵、薄いスリ疵<研磨跡>あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワ、古本シミ、微細な破れあり) UK盤  Release 1989  price:\700

94年に41歳の若さで咽頭癌のため亡くなったリー・ブリローと、13年には末期のすい臓癌と診断されたものの無事克服し生還したウィルコ・ジョンソンを中心にしたドクター・フィールグッドの75年の記念すべきデビュー・アルバム。ウィルコの指でかき鳴らすソリッドなギター・カッティングと、当時20代前半とは思えない渋いブリローのヴォーカルとハーモニカを軸にした、シンプルでソリッドなR&Bは、巨大化したロックへのアンチテーゼとなったパンク・ロック・ムーヴメントに先駆けたパブ・ロック勢の中でも一層パンクへの影響を思わすカッコ良さ溢れる一枚。拘りのモノラル録音。AJKライヴ録音のL以外は全てウィルコによるオリジナル。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ドン・ディクソン 「トリプルE」 
(ENIGMA 29B2-110)  国内盤帯なし  Release 1989   price:\1,400
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

REM、スミザリーンズ、マーシャル・クレンショウ等のプロデューサーとしても知られるドン・ディクソンの89年の4作目。ニック・ロウもカヴァーしたジョン・ハイアットのB、フライング・ブリトー・ブラザーズの名カヴァーでも有名なジェイムズ・カーの名曲D、ブレントン・ウッズのE、dB'sのH等、選曲の妙が味わえるカヴァーも収録。渋いハスキーなヴォーカルと、タイトでソウルフルな躍動感溢れる演奏がマッチした一枚。ホーン・セクションにはストーンズのツアーにも同行したことがあるアップタウン・ホーンズ、バック・ヴォーカルとアコギには奥方マーティ・ジョーンズも参加。Aでは名手ソニー・ランドレスが絶品のスライドを披露。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DON DIXON 「Romantic Depressive」(Sugar Hill SH-CD 5501) 
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、スレあり)  US盤   Release 1995   price:\800
ドン・ディクソン、95年の通算5作目。曲によってゲストも入るものの、ほとんどをジム・ブロックとのコンビで制作した本作は、初期のコステロに通ずる音楽性、ジョー・コッカー系譜の濁声熱唱ヴォーカル、プロデューサーとしての活躍も納得の構成力等が相まった派手さは無いものの、力強い魅力溢れる一枚。ゴスペル調のB、哀愁溢れるバラードD、アントン・フィアがドラムで参加したE、インストのG等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい MARTI JONES 「Any Kind Of Lie」
(RCA 2040-2-R)   US盤   Release 1990   price:\700
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに水濡れによるヨレあり)

マーティ・ジョーンズの90年のアルバム。夫ドン・ディクソンのプロデュースで、エニー・トラブルのC、ディクソン作のD、ラウドン・ウェインライト3世のJを除く全曲が、ジョンソン&ジョーンズ夫妻作。ブルース・ホーンズビーが@EJに、サニー・ランドレスがDに参加。仄かに土の香り漂う演奏に、ストレートでクールなヴォーカルが映える一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい エディ&ザ・ホット・ロッズ 「ジ・エンド・オブ・ザ・ビギニング」
(ISLAND PHCR-4866)  国内盤帯あり  Release 1998(国内盤定価\1,750)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み)  price:\1,200

パブ・ロックとパンク・ロックの橋渡し的存在、ロンドンのサウスエンドで75年に結成されたエディ&ザ・ホット・ロッズのアイランド在籍時代の音源をまとめたベスト・アルバム。シングル・カットされたファースト・アルバムのアルバム・タイトル曲C、ライヴでは必ずプレイされたザ・フーのカヴァー(ライヴ・ヴァージョンで収録)D等、若々しい疾走感溢れるパンク・ロック寄りのサウンドが詰まった一枚。解説付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO 「My Aim Is True」(Demon/RYKODISC RCD 202171)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、古本シミあり) US盤  Release 1993  price:\600

エルヴィス・コステロ、77年の記念すべきデビュー・アルバム。以前入荷したボーナス・ディスク付きの01年の2枚組リイシューCDから4曲少ないだけで、ヴォリューム満点のボーナス・トラック入りの全22曲収録の93年ライコ盤。ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの前進バンドのクローヴァーをバックに、ニック・ロウがプロデュースを担当。名曲D、バーズの「マイ・バック・ペイジ」のオマージュF等、オリジナル・アルバム全12曲に加え、シングル盤のホワイト・レゲエの名曲L、シングルB面曲、コステロの弾き語りによるデモ音源等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS 「This Years Model」 
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、スレあり)(DEMON/RYKODISC RCD 10272) US盤 Release 1993 price:\600

エルヴィス・コステロ、本作より以降、長らく行動を共にするアトラクションズとの初顔合わせを果たした78年のセカンド・アルバム。パンク・ムーヴメント全盛期にリリースされたデビュー作では思ったよりレイドバックしたサウンドを聴かせたコステロが、アトランクションズという若い同世代のメンバーをパートナーに得て、彼の長いキャリアの中でも一番疾走感溢れるキャッチーでポップな躍動感と剥き出しの荒々しい激しさを顕著に表した一枚。<今回は6曲ボーナス・トラック追加収録の93年のライコ盤での入荷となります。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS 「Armed Forces」
(COLUMBIA CK 35709)  US盤   Release 1990
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\500

79年の通算3作目に、シングルB面でリリースされていたブリンズレー・シュワルツの代表曲のカヴァーLを追加収録。兎に角、本作といえばシングル・カットされたキャッチーでポップな名曲Bの素晴らしさが圧倒的。アバの「ダンシング・クイーン」のピアノをフレーズを入れる遊び心、コステロのダブル・トラック・ヴォーカルによるハーモニー、キャッチーでポップとはこういう事を言うのだというお手本的名曲。同じくキャッチーな@等、ポップ度の高い一枚。ニック・ロウのプロデュース。<M以降のボーナス・トラック未収録ヴァージョンです。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS 「Get Happy!!」 
(Demon DPAM 5)  EU盤  Release 1994
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み)  price:\700

エルヴィス・コステロ、80年リリースの通算4作目。従来のビート・バンド・スタイルに加え、スタックスやモータウン等の60年代ソウルの要素を大幅に導入。MやOではレゲエ、スカも採り入れ、音楽性の幅が広がりながらも、初期のコステロが持っていた勢いは更に増した、コステロを代表する作品の中の一枚。ビートルズの「悲しみはぶっとばせ」を下敷きにしたH、サム&デイヴのシングルB面曲のバラードをアップ・テンポでカヴァーしたJ、マージービーツのカヴァーR等を収録。<今回はボーナス・トラック10曲入り(31曲目に収録のボーナス・トラックは途中で切れるせいか、スリーヴには未記載)の20ビットリマスター盤での入荷です。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS 「Ten Bloody Marys & Ten How's Your Fathers」(Demon FIEND CD27) UK盤 Release 1984 price:\700 
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

エルヴィス・コステロの4作目『ゲット・ハッピー』までのアルバム未収録だった、シングル曲や未発表ヴァージョンをまとめた編集盤。80年の発売当初はカセットのみでリリース、後にアナログ化、CD化された一枚。現在では各オリジナル・アルバムに、それぞれボーナス・トラックとして収録されているので、あまり有り難味は無くなったものの、初期のシングル曲等を一気にまとめて聴けるのは矢張り便利。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS 「Trust」
(COLUMBIA CK 37051)  US盤   Release 1990
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み)  price:\500

前4作に引き続き、ニック・ロウのプロデュースによる81年の通算5作目。コステロ自ら精神分裂症的なアルバムと呼ぶように、アルバム単位で一つのテーマというかカラーでまとめるコステロ作品にしては、珍しく的が絞りきれていない作品。ボ・ディドリー風のジャングル・ビートのA、ロカビリー調のE、カントリー・タッチのI等、ヴァラエティに富んだ内容。Fやコステロ自身お気に入りだというG、スクイーズのグレン・ティルブルックとのデュエットH等、アルバムとしては的を絞りきれていなくても、曲単位では佳曲が詰まった一枚。ルーモアのマーティン・ベルモントがゲスト参加。<オリジナル・アルバムのリリース時と同じ収録曲のボーナス・トラック未収録ヴァージョンです。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS 「Punch The Clock」
(COLUMBIA CK 38897)  US盤   Release 1990
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み)  price:\500

クライヴ・ランガーとアラン・ウィンスタンリーがプロデュースを担当した、83年の通算8作目。TKOホーンズと黒人女性コーラス・デュオ、アフロディジアック(キャロン・ウィーラーとクラウディア・フォンテーン)、パーカッションにブランドXのモーリス・パートが参加し、ソウル色濃い内容となっています。名曲A、ランガーとの共作でロバート・ワイアットに提供した、これまた名曲のEではチェット・ベイカーが素晴らしいトランペットを披露。前から3列目のスピーカーの目の前の席で見た84年の来日公演前に、聴きまくったアルバム故、今も冷静ではいられなくなる、コステロの数ある作品中でも個人的思い入れ度ナンバー・ワンのアルバム。歌詞付き。<オリジナル・アルバムのリリース時と同じ収録曲のボーナス・トラック未収録ヴァージョンです。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS 「Goodbye Cruel World」
(DEMON FIEND DPAM 10)   Germany盤    Release 1995
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。ジャケット表面に薄い疵あり) price:\600

エルヴィス・コステロ、84年の通算9作目。前作『パンチ・ザ・クロック』に引き続き、クライヴ・ランガーとアラン・ウィンスタンリーがプロデュースを担当。共にプロモーション・ヴィデオが印象的だったダリル・ホール参加の@、スクリッティ・ポリッティのグリーン参加のFの2曲のシングルを筆頭に、前作の路線を継承したソウルフルな一枚。ニック・ロウとの共演によるシュレルズのカヴァーNやライヴ4曲等、ボーナス・トラック9曲(プラス隠しトラック1曲)収録の95年のUK盤での入荷です。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE COSTELLO SHOW 「King Of America」(Demon DPAM 11) 
状態 B(共に盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) UK盤2枚組  Release 1995  price:\800

エルヴィス・コステロという表記を一切使用していない、ザ・コステロ・ショウ名義の86年の通算10作目。ジェイムズ・バートン、ジェリー・シェフ、ジム・ケルトナー等、アメリカの名うてのヴェテラン・ミュージシャンやミッチェル・フルーム、ロス・ロボスのデヴィッド・イダルゴ、コステロと共に共同プロデュースを担当したTボーン・バーネット等が参加し、果敢にアメリカン・ルーツ・ミュージックに挑んだ一枚。コステロ自身も最も好きな作品と自ら公言している傑作。歌詞付き。<今回はボーナス・トラック5曲追加収録、86年のライヴ6曲入りの限定ボーナス・ディスク付きの95年UK版での入荷となります。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS 「The Very Best Of Elvis Costello And The Attractions」(DEMON rcd 40283)  US盤   Release 1994 
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) price:\600

デビュー・アルバム『My Aim Is True』から、86年の『Blood And Chocolate』までのデーモン在籍時の作品から選曲した、エルヴィス・コステロの94年リリースのベスト。アルバムごとにスタイルを変えながらも、キャッチーな名曲を連発していた若き日のコステロの勢いを思い知る事ができる、入門用としても最適の一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい エルヴィス・コステロ and ブロドスキー・カルテット 「ジュリエット・レターズ」
(Warner Bros. WPCP-5185)  国内盤帯なし Release 1993(国内盤定価\2,400)
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み)  price:\500

英国の人気弦楽四重奏団ブロドスキー・カルテットとエルヴィス・コステロの93年のコラボレート・アルバム。演奏は全曲カルテットの弦楽器のみ。曲作りもカルテットのメンバーも各々参加し、これはコステロ作だろと思ったL等、カルテットのマイケル・トーマス作であったり、作詞も共作が多くを占めている、本当の意味でのコラボレーション・アルバム。コステロが以降、バラード・シンガー的な路線を強化されるきっかけになったとも言える一枚ながら、やはり普通のクラシックのシンガーとは違う、ロック的な顔がちらほら感じられ、中々手を出し辛いアルバムですが、十二分に楽しめる内容となっています。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO & THE ATTRACTIONS 「All This Useless Beauty」 
(Warner Bros. 9362-46198-2)  Germany盤  Release 1996
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\600

94年のアトラクションズの再編以来、再びエルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ名義でのリリースとなった96年作。アトラクションズとの名義ながら、どちらかというと『スパイク』や『マイティ・ライク・ア・ローズ』に近い、コステロの多様な面が表出しているアルバムで、特にバラード・シンガー的な展開が多い一枚。ティル・チューズデイに提供したエイミー・マンとの共作@、ジューン・テイバーに提供したB、ロジャー・マッギンに提供したバーズ風(または「レッド・シューズ」風)のIのセルフ・カヴァーや、ポール・マッカートニーとの共作F、再度ブロドスキー・カルテットと組んだK等を収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO 「Extreme Honey」(WARNER BROS. 9362-46801-2) 
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり) EU盤 Release 1997 price:\600

ワーナー・ブラザーズ在籍時代、89年の『スパイク』から、ブロドスキー・カルテットとの共演盤『ジュリエット・レターズ』を含む、96年の『オール・ディス・ユースレス・ビューティ』までの5枚のアルバム収録曲からコステロ自らがセレクトしたベスト・アルバム。未発表曲@、『Xファイルズ』サントラ提供曲で、ブライアン・イーノとのコラボレートによるFといったオリジナル・アルバム未収録曲も収録。成熟しながらも飽くなき挑戦を続けるコステロの円熟期を、ダイジェストに捉えた一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO with BURT BACHARACH 「Painted From Memory」 
(MERCURY 314 538 002-2)  US盤  Release 1998
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。ジャケット表面にスレあり) price:\600

エルヴィス・コステロが、20世紀を代表する名作曲家&編曲家、バート・バカラックとアルバム1枚丸ごとコラボレートした98年のアルバム。サントラ『グレイス・オブ・マイ・ハート』でのKの共作、共演から発展した本作は、バカラックらしい夢見るようなコード展開、アレンジに、コステロらしい歌詞と、これまでのバカラック・ソングの歌い手とは明らかに異質なコステロの生々しいヴォーカルとが、がッぷり四つに組んだ、極上にゴージャスなポップ・アルバム。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい エルヴィス・コステロ 「ホエン・アイ・ワズ・クルーエル」
(ISLAND UICL-1017)  国内盤帯あり  Release 2002(国内盤定価\2,548)

状態 B(盤に極薄いスリ疵<研摩跡>、疵あり。再生確認済み。付属ライナーに汚れ、帯に挟み跡、微細な破れあり)  price:\600
エルヴィス・コステロ、2002年のアルバム。スティーヴ・ニーヴ、ピート・トーマスのアトランクションズの二人と、全編にわたって印象的なベース・プレイを披露する元クラッカーのデイヴィ・ファラガーを中心とした編成。コステロ自らアレンジを務めた、どこか異国の香り漂う印象的なホーン・セクション、ノイジーなギター・プレイ等、ロック路線とはいえ、初期のキャッチーに疾走した時代とは異なる、ヘヴィでアグレッシヴなサウンドを展開した、歩みを止めることの無いコステロらしい意欲溢れる一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELVIS COSTELLO & THE IMPOSTERS 「The Delivery Man」
(LOST HIGHWAY B0002593-02)   US盤   Release 2004
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)  price:\600
アトラクションズ時代からの仲間、スティーヴ・ニーヴとピート・トーマスに、元クラッカーのデイヴィー・ファラガーから成るインポスターズを従えてのエルヴィス・コステロ、2004年のアルバム。リリース元がロスト・ハイウェイ、ルシンダ・ウィリアムスとのデュエットによるB、GILにはエミルー・ハリスが参加したGILと、アメリカン・ルーツ色濃い内容ながら、時にアグレッシヴに激しく、時にバラードを熱唱と、コステロらしさはたっぷりの一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ゴッドファーザーズ 「アンリアル・ワールド〜非現実な世界〜」
(EPIC ESCA 5262)  国内盤帯なし  Release 1991(国内盤定価\2,300)
状態 A    price:\500

ギタリストの脱退、良き理解者であったプロデューサー、ヴィック・メイルの急死等、トラブルを乗り越え新メンバーも加入しリリースした91年の通算4作目。忍び寄るマンチェスター・ムーヴメントの影に刺激を受けてしまった作品で、これまでのブリティッシュ・ビート色は少なくなっており、ところどころにマンチェ・バンドに通ずるノリをほんのりと感じます(スープ・ドラゴンズやプライマル・スクリームのようなモロな変貌ではありません)。Eはクリエイションのカヴァー。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい GRAHAM PARKER 「Howlin' Wind」
(MERCURY 826 273-2)  US盤   Release 1976
状態 B'(盤に目立つ疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり)  price:\700

ブリンズリー・シュウォーツ、ボブ・アンドリュース、マーティン・ベルモント等、パブ・ロック・オール・スターズとも呼びたいザ・ルーモアをバックに登場したグラハム・パーカー、76年の記念すべきデビュー・アルバム。ニック・ロウがプロデュースを担当した本作は、ライヴ定番の@CEFK等、代表曲てんこ盛りの一枚。意外と本作の時点では、ルーモアの演奏はゆったりとしたオーソドックスなバンド・サウンド。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい GRAHAM PARKER 「Struck By Lightning」(RCA 3013-2-R) 
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレ、ホッチキスに錆びあり) US盤  Release 1991   price:\700

グラハム・パーカー91年の作品。ベースにルーモア時代からの盟友アンドリュー・ボドナー、ドラムにアトラクションズのピート・トーマスの3人を基本メンバーとして、曲によってハモンド・オルガン、フレンチ・ホルン等のゲストを交えたアコースティック色濃いフォーク・ロック・アルバム。ザ・バンドのガース・ハドソンが@BCでハモンドやアコーディオン等を、ジョン・セバスチャンが@HJKでオートハープ、ハーモニカ、バック・コーラスで参加。歌詞付き。<UK盤収録のボーナストラック1曲は未収録のUS盤での入荷となります。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい グラハム・パーカー 「バーニング・クエスチョンズ」(DEMON MSIF3004) 
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少し古本シミあり) 国内(直輸入)盤帯なし  Release 1992  price:\1,200
ミック・タルボット、ピート・トーマス、P.P.アーノルド等が参加したグラハム・パーカー、92年のアルバム。パーカー本人のレコーディング・ノートによると、幽霊もしょっちゅう参上するボロ・スタジオで、僅か22日間で制作されたという本作は、最後に原因不明の謎の音が入っているというA、ジョー・ミークに捧げられたB、ストリングス・カルテットが参加したE、初期の勢いを思い出させてくれるJ、ザ・フーのカヴァーM等、力の抜けたフォーク・ロックを中心に展開した愛すべき一枚。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい GRAHAM PARKER 「Live Alone! Discovering Japan」
(DEMON FIENDCD 735)  German盤  Release 1993
状態 A'(音に出ない傷わずかにあり。再生確認済み) price:\1,300
実に15年ぶりの来日公演となった93年4月の渋谷クアトロでのライヴを収めた実況録音盤。データが記載されていないので、7〜9日のどの日の録音かはわかりませんが、実は8日はグラハムの飲む酒の匂いが漂ってくるくらいに前の方で見ていました。その前日には元ルースターズの花田裕之が前座に出た上に、アンコールでは花田らをバックにバンド編成で3曲ほどプレイしたと、当時の音楽誌でライヴ・レビューを読んだ時には悔しい思いをしました。本ライヴ盤はタイトルからもわかるように、88年のライヴ・アルバム『Live! Alone In America』の日本編といった感じのエレキもしくはアコギの弾き語りによる全14曲を収録しています。ビリー・アイドルのC、ボブ・マーリーのDをカヴァーしていますが、決してうまいというタイプでないグラハムのヴォーカルですが、圧倒的な個性でこれらの歌も完璧に自分の歌になってるところが素晴らしい!@HI等、初期の名曲も披露しています。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい HERMAN THE GERMAN & DAS COWBOY 「Herman The German & Das Cowboy」(TEXICALLI AMFCD 1010)  US盤    Release 1993
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み)   price:\1,000

エルヴィス・コステロの『マイ・エイム・イズ・トゥルー』のパロディ・ジャケときたら、入荷するしかないでしょう。テキサス在住のドイツ人、ハーマン・ザ・ジャーマン率いるダス・カウボーイとの93年のアルバム。ジーン・ヴィンセント・ミーツ・スパイク・ジョーンズなるフレーズがスリーヴに記載されているように、カヴァーばかりながら、ロックンロールあり、ポルカあり、ギター・インストありと、それらを何ともコミカルにプレイ。テキサスの片田舎のバーには、この手の実力あるバンドが山ほど眠っているかと思うと羨ましい限り。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい HUEY LEWIS AND THE NEWS 「Fore!」
(CHRYSALIS VX 41534)  US盤  Release 1986  price:\500
状態 A'(音に出ない傷わずかにあり。再生確認済み。インナーに古本シミあり)

大ヒットした83年の前作『Sports』に続いて、こちらも大ヒットとなった86年の通算4作目。@ACDEとトップ10ヒット(@AはNo.1)5曲を収録。日本盤には8曲目に強引に映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主題歌「The Power Of Love」を収録してアルバムの流れを壊していましたが、本US盤には未収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 「プランB」
(SILVERTONE ZJCI-13007)  国内盤帯あり  Release 2001(国内盤定価\2,400)
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。帯に背焼けあり) price:\500

2001年リリースの通算9作目。何の因果か爆発的に売れてしまった80年代も過ぎ去り、中々リリース先のレコード会社も見つからないという事態に陥りながらも、もともとは英国パブ・ロック勢ともリンクする気ままなロックンロール稼業。本作もセールス絶頂期と何も変わらない、何の衒いも無いゴキゲンなロックンロールが詰まった一枚。ロックパイルのカヴァーC、カントリー歌手ワイノナ・ジャッドとのデュエットD等を収録。日本盤にはFのライヴ・ヴァージョンKをボーナス・トラックとして追加収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい IAN DURY 「New Boots And Panties!!」(Repertoire REP 4546-WY) 
状態 B(盤に疵、極薄いスリ疵<研磨跡>あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、古本シミあり) Germany盤  Release 1996   price:\800

キルバーン&ハイローズを経て、77年のイアン・デューリーのソロ・デビュー・アルバム。デューリー本人も自身の最高傑作と自負する、パブ・ロックを代表する名盤中の名盤!ファンク、ロックンロール、R&B、ジャズ等、多様な要素を採り込みながら、それを学究肌的に表現するのではなく、語るようなダミ声のデューリーのヴォーカルに、チャス・ジャンケル、チャーリー・チャールズ、ノーマン・ワット・ロイ、デイヴィー・ペインといった後にブロックヘッズとなるメンツを中心に、下世話にダンサブルに表現した名作。<今回はシングル曲やライヴ音源等、ボーナス・トラック5曲追加収録の96年独レパトワー盤での入荷となります。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい イアン・デューリー 「アップルズ」(WEA WMC5-29)  国内盤帯なし
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレ、付属ライナーに少しシワあり) Release 1990(国内盤定価\2,348) price:\800

イアン・デューリー、89年のアルバムは、同年2ヶ月にわたってロンドンで上演されたデューリーが脚本や主演を務めたミュージカルのオリジナル・キャスト盤。久々にチャス・ジャンケルとの共作となったカリブ風味の@、Eではソロを取る女性シンガー、フランシス・ラファエレとのデュエットAD、レックレス・エリックとのデュエットH等を収録。ブロックヘッズやココモのメンバー等、パブ・ロック勢を中心とした演奏陣の演奏によるミュージカルらしい雰囲気の中、デューリーらしい皮肉や毒気も随所に垣間見える一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい バクスター・デューリー 「レン・パロッツ・メモリアル・リフト」(ROUGH TRADE PCD-23357)  国内盤帯あり  Release 2003(国内盤定価\2,415)  price:\800
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレあり)

故イアン・デューリーの息子、バクスター・デューリーの2003年のデビュー・アルバム。ポーティスヘッドのジェフ・バーロウとエイドリアン・アトレイ、スピリチュアライズドのデーモン・リース等がバックを担当した本作は、父親には少しも似ていないファルセットを多用したヴォーカルで、パブ・ロック色も一切無い、マーキュリー・レヴを思わす、浮遊感溢れるサイケデリックなドリーミーな世界を展開した一枚。@DFGHには、ブロックヘッズのノーマン・ワット・ロイが参加!日本盤ボーナス・トラックとしてIJを追加収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHN WESLEY HARDING 「New Deal」
(FORWARD R2 72250)  US盤   Release 1996
状態 A  price:\1,300

ジョン・ウェズリー・ハーディングの96年の通算5作目。プロデュース、アレンジ、ミックスを全てハーディングと共に行っているのは、クリス・ヴォン・スナイダン。当店では便宜上、ハーディングをパブ・。ロック、スナイダンをギター(パワー)ポップに分類していますが、共に優れたシンガー・ソングライターである事は間違いなく、本作もアコースティックな弾き語りを核にしたフォーキーなシンガー・ソングライター・アルバムとなっており、初期のコステロのそっくりさんから脱却した事が良く判る力作となっています。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHN WESLY HARDING 「Awake」(ZERO HOUR ZER CD 1210)
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。紙ジャケ表面に疵、少し傷みあり)  US盤デジパック仕様  Release 1997 price:\700

ウェズリー・ステイス名義で作家としても活躍するジョン・ウェズリー・ハーディング(JWH)の97年の通算6作目となるスタジオ・アルバム。パワー・ポッパー、クリス・ヴォン・スナイダーンを共同プロデューサーに迎えた本作は、チャック・プロフェットがギターで参加したBEH、ヤング・フレッシュ・フェロウズののスコット・マッコーイがピアノを弾く、ケリー・ホーガンとのデュエットによるD、美しいバラードF、マンドリンが印象的なアコースティックなG、ちょっぴりアーシーな軽快なパワー・ポップL等を収録。コステロにちょっぴりランディ・ニューマンを混ぜ合わせたようなJWHの歌声と、派手さは無いものの堅実で間違いのない音作りを楽しめる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい KURSAAL FLYERS 「Hit Records: The Best Of Kursaal Flyers」
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、スレあり)(On The Beach FOAM CD6) EU盤  Release 2002  price:\1,000

『パブ・ロック革命(原題:The Great Pub Rock Revolution)』の著者で、後にレコーズを結成するウィル・バーチがドラマーとして在籍したB級パブ・ロック・バンド、カーサル・フライヤーズの2002年リリースのベスト・アルバム。77年までにUKとCBSに残した3枚のスタジオ・アルバムからの楽曲を中心に、彼等唯一のヒット曲F、オリジナル・アルバムには未収録のシングル曲IJ、88年の再結成盤『A Former Tour De Force』からのL〜O等を収録。場末のパブでゴキゲンなルーツ・ロックにロックンロール、パワー・ポップ等を繰り広げていたであろう、B級感丸出しのパブ・ロックを楽しめる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LITTLE VILLAGE 「Little Village」 
(REPRISE 9 26713-2) US盤  Release 1992
状態 A(スリーヴに少しシワあり) Price:\900

ジョン・ハイアットの名盤『ブリング・ザ・ファミリー』で手合わせしたニック・ロウ、ライ・クーダー、ジム・ケルトナーの4人が結成した裏スーパー・グループ、リトル・ヴィレッジの唯一のアルバム。ヴォーカルの担当はハイアット6曲、ライ1曲、ロウ2曲、ライ&ロウ1曲、3人持ち回りで歌う曲が1曲。ヴォーカルの比率からも全体としてはハイアット色濃い、さすが“裏”スーパー・グループ!といった感じの地味渋な一枚。アレン・サイズと共にエンジニアリング、ミックス、及びエグゼクティヴ・プロデューサーを担当するのはレニー・ワロンカー!歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい MARSHALL CRENSHAW 「Miracle Of Science」
(RAZOR & TIE RT 2823-2)  US盤  Release 1996
状態 B(音に出ない傷あり。再生確認済み)    price:\900

遊び心溢れるミニ・ジャケット(左の写真のディスク中央の四角い顔写真のところ)が楽しい、マーシャル・クレンショウの96年のアルバム。当店では現在、何となく気分的に「PUB ROCK」に分類していますが、やっぱり「POWER POP」の方がしっくりするかなと考えを改めたくなるような、甘酸っぱさと職人技が見事に調和したメロディが冴え渡る一枚となっています。ビル・ロイド、ブラッド・ジョーンズといった好きな人には堪らないメンツがバックをサポート。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい MARSHALL CRENSHAW 「#447」
(RAZOR & TIE 7930182844-2)  US盤  Release 1999   price:\1,200
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴにほんの少しシワあり)

マーシャル・クレンショウ、99年のアルバム。哀愁溢れるメロディが印象的なAB、いい感じでアルバムにアクセントをつけているインストDGJ、キャッチーで軽快なE、ビル・ロイドとの共作F等を収録した、地味ながら優れたメロディメイカーぶりを証明した、堅実な仕事ぶりが嬉しい一枚。ブラッド・ジョーンズ、ビル・ロイド、アンディ・ヨーク等が参加。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ナイン・ビロウ・ゼロ 「オン・ザ・ロード・アゲイン」(CHINA PCCY-00293)
国内サンプル盤帯あり Release 1991(国内盤定価\2,500)
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\1,400

80年のデビュー以来、ネオ・モッズ〜パブ・ロック界隈で人気を誇ったナイン・ビロウ・ゼロが、9年振りに再結成しリリースした91年のアルバム。マーク・フェルサムとデニス・グリーヴスのオリジナル・メンバーを軸に、ロリー・ギャラガーのバック・メンバーだったジェリー・マカヴォイ、ブレンダン・オニールが加入。以後、パブ・ロック動を極めるべく、白人ブルース・バンドとして地道に活動を続けています。@はキャンド・ヒートのカヴァー。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい PAUL CARRACK 「Groove Approved」(Chrysalis F2 21709) 
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレ、ホッチキスに少しサビあり) US盤   Release 1989  price:\800

ポール・キャラック、89年のソロ通算4作目。ニック・ロウとの共作BE(Bは後にニック自身もセルフ・カヴァー)、スクイーズのクリス・ディフォードとの共作E、ジョン・ウェズリー・ハーディングとの共作I等、パブ・ロック好きの食指をそそる共作陣ながら、音の方は彼が渡り歩いたパブ・ロック色よりも、ブルー・アイド・ソウル・シンガーとしてのキャラックに主眼を置いたような音作りが中心の一枚。Cはマイケル・マクドナルドとの共作。バック・コーラスにはダリル・ホール、ジョー・リン・ターナー、ポール・ヤング等も参加。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい PAUL CARRACK 「Blue Views」(ARK21 153 909-2) 
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴにスレ、少しシワあり) EU盤  Release 1997  price:\900

ポール・キャラック、95年のアルバム。ゾンビーズ〜アージェントのロッド・アージェント、ピノ・パラディーノ、アンディ・ニューマーク等がバックを担当した、落ち着いたアダルトなブルー・アイド・ソウルを展開した一枚。スクイーズのクリス・ディフォードの共作AI、トラフィックのジム・キャパルディ等との共作G、エース時代の大ヒット曲のセルフ・カヴァーJ等を収録。I.R.S.盤には未収録のK、インプレッションズの定番名曲のカヴァーLの2曲のボーナス・トラックを追加収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい PAUL CARRACK 「It Ain't Over...」(PCI PCARCD5)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレあり) UK盤   Release 2003  price:\700

ポール・キャラック、03年のスタジオ・アルバム。セルフ・プロデュースによる本作は、ホーンやストリングス以外の楽器は全てキャラック自身が担当。スクイーズ時代の盟友クリス・ディフォードとの共作@E、極上のブルー・アイド・ソウルA、アダルトでムーディーなB、ムーディーなレゲエのD、ボブ・マーリーの「アイ・ショット・ザ・シェリフ」の一部を引用しつつもムーディーなレゲエに仕上げたD、BAロバートソンとの共作によるバラードF等を収録。キャラックのソウルフルなヴォーカルとオルガン・プレイを軸にした大人のブルー・アイド・ソウルを堪能できる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE SKELETONS 「Nothing To Lose」
(HighTone HCD 8080)  US盤  Release 1997
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み)  price:\1,000

ミズーリの5人組から4人組となったスケルトンズの97年のアルバム。93年にボックスカー・ウィリー、96年のシド・ストローのバックを担当してアルバムをリリースしていますが、本人達の作品は92年の『ウェイティング』以来となるのでしょうか(情報無さ過ぎ)?ダニー・コーチマーのAやモンキーズのKのカヴァー、パワー・ポップなB、ゴキゲンなロックンロールG、カントリー風味のH等、ヴァラエティ豊かな楽曲を収録。NRBQが好きな方は是非!

収録曲についてはこちらをクリックして下さい スミザリーンズ 「エスペシャリー・フォー・ユー」(ENIGMA 32XB-102) 
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴ、付属ライナーに少し古本シミ、表面に少し疵あり) 国内盤帯なし Release 1986(国内盤定価\3,200)  price:\900

86年のファースト・フル・アルバム。ビートルズ・テイスト溢れる@にはマーシャル・クレンショウ(ジェローム・ジェローム名義)、ヴィブラフォンの響きが切ない名バラードGでデュエットするのは、パット・ディニジオの会社の上司だったというスザンヌ・ヴェガ、プロデュースはドン・ディクソンと役者も揃った傑作デビュー・アルバム。他にも哀愁漂うC、カッコ良いFHと名曲たっぷり収録の、パットの艶と色気のある男前ヴォーカル、タイトなバンド・サウンド、キャッチーなメロディが冴える一枚。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい スミザリーンズ 「グリーン・ソウツ」 
(ENIGMA 32XB-252) 国内盤帯なし   Release 1988(国内盤定価\3,200)
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\1,000

88年のセカンド・アルバム。毎度、お馴染みのプロデューサーはドン・ディクソンで、プレイヤーとしても全面参加。@には夫人マーティ・ジョーンズもヴォーカルで参加しています。意外なところでは「悲しき街角」で知られる故デル・シャノンがCに参加。毎回、彼等はアルバムにキラー・チューンとでも言える名曲が少なくとも一曲は入っているのですが、本作ではロス・ロボスのスティーヴ・バーリンのムーディーなサックスが印象的なDが図抜けた傑作となっています。他にも@ABG等、佳曲はたくさん収録しています。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい スミザリーンズ 「イレヴン」(ENIGMA/CAPITOL 29B2-125)
国内盤帯なし   Release 1989(国内盤定価\3,008)  price:\700
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミ、少しシワあり)

プロデューサーにエド・ステイシアムを迎えた89年の通算3作目。ステイシアム効果か、パワフルなギター・リフがハード・ロック的な@、ビートルズの「イン・マイ・ライフ」の間奏のオマージュ的なハープシコードの演奏も印象的な、ベリンダ・カーライルとのデュエットによる名曲B、ビーチ・ボーイズ関連で知られるガールズ・コーラス・トリオ、ハニーズ(!)が参加したF等を収録。既聴感を覚えるグッド・メロディと、パット・ディニジオの色気ある歌声の二本柱に、ハードなサウンドが合致した一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE SMITHEREENS 「Blow Up」
(Capitol CDP 7 94963 2)   US盤   Release 1991
状態 A   price:\1,000

スミザリーンズの91年リリースの通算4作目。出色の出来のストリングスを導入したソウルフルなA、三島由紀夫にインスパイアされたというC、ニック・ロウの元奥さんでカントリーの歌姫カーレン・カーターが参加したD、お馴染みロス・ロボスのスティーヴ・バーリンがサックスを吹くE、60年代から活動を続けるカウシルズが参加したF、ジュリアン・レノンとの共作K等を収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ザ・スミザリーンズ 「ア・デイト・ウィズ・ザ・スミザリーンズ」 
(RCA BVCP-755)   国内盤帯あり   Release 1994(国内盤定価\2,500)
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み)  price:\900

スミザリーンズの94年の5作目。プロデューサーはお馴染みのドン・ディクソンが担当した本作は、いつも通りのグッド・メロディと、いつも以上にラウドなギターを轟かせた一枚。パット・ディニジオの作るセンス溢れるメロディと、艶のあるヴォーカルは相変わらず絶品。DとGのギター・ソロをルー・リードが担当!日本盤のみのボーナス・トラックとしてジャン=クロード・ヴァンダム主演の映画『タイム・コップ』のエンディング・テーマで、60'sビート・バンドのアウトサイダーズのカヴァーのLを追加収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい PAT DINIZIO 「Songs And Sounds」(VELVEL VEL79706-2) 
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレあり) US盤  Release 1997 
 price:\700
スミザリーンズのシンガー、パット・ディニジオの97年のファースト・ソロ・アルバム。プロデュースはスミザリーンズ作品でもお馴染みのドン・ディクソン、ベースにストラングラーズのジャン・ジャック・バーネルを初めとした固定メンバーをバックに、若干、重心の低いサウンドとサックス&フルート奏者をメンバーに擁しているところ以外は、スミザリーンズとの違いは微妙という訳で、パットの魅力的な歌声や、スミザリーンズ好きな方には間違い無い一枚。ホーン・セクションを導入したD、アコギ弾き語りとダブル・トラックのヴォーカルを軸にした、マーティ・ジョーンズ参加のH、映画『キッスで殺せ』の気だるくジャジーな主題歌のカヴァーK等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい SQUEEZE 「Argybargy」(A&M CD 3232) 
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミかなりあり) US盤  Release 1981  price:\500

スクイーズ、80年の通算3作目。前作『クール・フォー・キャッツ』のエレ・ポップ的なニュー・ウェイヴ色濃いサウンドから、本作で以降も続くスクイーズらしいスタイルのバンド・サウンドがほぼ確立。記念すべき94年の初来日公演での1曲目を飾ったライヴ定番曲@、同じくライヴ定番のA、低音蛙声のクリス・ディフォードがリードを取るG、ジュールズ・ホランドがヴォーカルを担当のモータウン調のI等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい スクイーズ 「バビロン・アンド・オン」(A&M D32Y3191) 
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少し古本シミ、付属ライナーにシール添付)  国内盤帯なし  Release 1987   price:\900

スクイーズ87年のアルバム。82年の『甘い誘惑(原題『Sweets From A Stranger』)をリリース後、一旦解散状態に。その後、85年の『コシ・ファン・トゥッティ・フルッティ』で復活。本作は復活第2作目。ライヴでの定番曲@A、留守番電話をテーマにした歌詞が面白いD、クリス・ディフォードの低音カエル声のリード・ヴォーカルによるG等を収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい スクィーズ 「フランク」(A&M PCCY-10016) 
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴ、付属ライナーに少し古本シミ、シワあり)  国内盤帯なし  Release 1989(国内盤定価\2,394) price:\700

89年の通算8作目。彼等の数あるアルバムの中でも上位にランクされるであろう高いクオリティを誇る一枚。クリス・ディフォードの低音蛙声ヴォーカルによるジャジーな名曲D、男女の違いを洒落た歌詞で表現したF、ビートルズ好きの面が前面に出た、こちらもディフォードがヴォーカルのG、軽快なカントリー・タッチの曲ながら殺人事件の歌のH、ジュールズ・ホランド作、ヴォーカルのニュー・オーリンズ・タッチのJ等を収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい スクイーズ 「プレイ」(Reprise WPCP-4449) 国内盤帯なし price:\500
状態 B'(盤に雑なスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレ、汚れ、付属ライナーに少しシワあり) Release 1991(国内盤定価\2,400)

トニー・バーグをプロデューサーに迎えた91年の通算9作目となるスタジオ・アルバム。ジュールス・ホランドが脱退したため、キーボードはアトラクションズのスティーヴ・ナイーヴ等をゲストに招いた本作は、ホーン・セクションを導入したファンキーなA、クセのある彼等らしいメロディ・ラインとジャジーなギターが印象的なB、ストリングスを導入した、これぞスクイーズ!なキャッチーな隠れ名曲D、グルーヴィーな演奏とクリス・ディフォードの低音蛙声コーラスもサイコーなG、アコギとアコーディオンをメインにしたアコースティックなH等を収録。彼等のディスコグラフィ中では埋没しがちが比較的地味な作品ながら、いつもながらに良い曲がたっぷり詰まった、聴けば聴くほど味が出る一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい SQUEEZE 「Some Fantastioc Place」(A&M 540 140-2) 
状態 B(盤の極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり)  Germany盤  Release 1993   price:\800

スクイーズ、93年リリースの彼等の長いキャリアの中でも『イースト・サイド・ストーリー』に並ぶ最高傑作。本作ではキーボードに、『イースト・サイド・ストーリー』以来のポール・キャラック、ドラムにエルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズのピート・トーマスが参加。キャラックが歌うブルー・アイド・ソウルの名曲C等、相変わらずレノン=マッカートニー以降、最高のソングライティング・チームと称されたディフォード&ティルブルックのソング・ライティングが冴え渡り、小気味良いバンド・サウンドを展開した一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい SQUEEZE 「Ridiculous」 
(A&M 540 440-2)  Germany盤   Release 1995
状態 B(盤に疵、薄いスリ疵<研摩跡>あり。再生確認済み)  price:\700

キーボード奏者不参加(ほとんどグレン・ティルブルックがギターと共に担当)の4人編成で制作された、スクイーズの95年のアルバム。キャッチーだけどひねったスクイーズらしいポップ・ソング@BIや、キャシー・デニスが参加した英国の香り漂うアコースティックなバラードK等を収録。ボーナス・トラック6曲追加の2007年リマスター盤もリリース済み。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOOLS HOLLAND & HIS RHYTHM & BLUES ORCHESTRA AND FRIENDS 「Small World Big Band」(Warner 0927426562) UK(Germany)盤 Release 2001 
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワ、外箱表面に疵あり) price:\900

ビッグ・バンド編成のリズム&ブルース・オーケストラを率いた、ジュールズ・ホランドの2001年のアルバム。一曲ずつ異なるゲストを迎えた本作は、ジョージ・ハリソン生前最期の録音となったA、ポール・ウェラーとのB、ジョー・ストラマーとのD、ヴァン・モリソンとのL、スクイーズのクリス・ディフォードとの同窓会M、マーク・アーモンドはソフト・セル時代の名曲Pを、スクイーズのキーボード奏者同士ながら、同グループではいつも入れ違いのポール・キャラックとのR等を収録。他にもDr・ジョン、スティーヴ・ウィンウッド、ジャミロクワイ、エリック・クラプトン等が参加した豪華絢爛な一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOOLS HOLLAND & HIS RHYTHM & BLUES ORCHESTRA 「More Friends」
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)(Warner 0927494195)  EU盤  Release 2003  price:\800

元スクイーズのジュールス・ホランド率いるリズム&ブルース・オーケストラの2003年のアルバム。今回も各曲に豪華ゲストを迎えた楽し過ぎる一枚。サム&デイヴのサム・ムーア、ノラ・ジョーンズ、エドウィン・スター、ブライアン・フェリー、ディオンヌ・ワーウィック、クリッシー・ハインド、レイ・デイヴィス、ロバート・プラント、ジェフ・ベック、マリアンヌ・フェイスフル、ジョージ・ベンソン、ジミー・クリフ、ボノ等々が参加(全参加メンバーはジャケ写をクリックしてご確認下さい)。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい TV SMITH 「March Of The Giants」
(Cooking Vynyl COOK CD 047)  UK盤  Release 1992
状態 B(音に出ない傷あり。再生確認済み。スリーヴに凹み、ジャケット表面に少しスレあり)    price:\1,300

近々、ニュー・アルバム『Misinformation Overload』がリリースになるTVスミスの92年のアルバム。70年代のUKパンク・バンド、アドヴァーツの元リーダーという面影はなく、パブ・ロック界隈で活躍中というのがわかる、アコースティックな楽器を中心としたバックに、ハスキーな歌声で成熟した熱いロックを歌っています。派手さはありませんが地に足がついた音楽性で、地道に活動を続けているのが嬉しくなります。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE HITSVILLE HOUSE BAND 「12 O'Clock Stereo」
(Casino CAS 3008)  US盤  Release 1994
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)   price:\1,400

スティッフからデビューし、同レーベルの中でも一際印象深いパブ・ロッカー、レックレス・エリックことエリック・ゴウルドマンが結成したトリオ・バンド、ヒッツヴィル・ハウス・バンドの94年の唯一のアルバム。あのチンピラっぽいクセのあるヴォーカルで歌われると、レックレス・エリック名義の作品との違いは見つけづらいですが、録音がロウ・ファイな感じで、生々しい音色がガレージ・バンドっぽくてカッコ良いです。曲によってホーン・セクション等も導入。歌詞付き。

■ブリティッシュ・フォーク/トラッド&アイリッシュ関連■
収録曲についてはこちらをクリックして下さい ALT 「Altitude」(COOKING VINYL CKVUS9001)  US盤   Release 1995
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、トレイ下の裏ジャケに少し破れあり)  price:\800

アンディ・ホワイト、ホット・ハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリイ、元スプリット・エンズ〜クラウデッド・ハウスのティム・フィンによるトリオ、3人の頭文字を取ったバンド名ALTの、95年のデビュー・アルバムにして唯一のスタジオ・アルバム。それぞれの持ち味が出て、ヴァラエティに富んだ内容ながら、ストイックな心意気で一本筋が通ったような一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい アルタン 「ヴォイス・オブ・アルタン/アルタン・ベスト・コレクション」 
(Green Linet VICP-5644)  国内盤帯あり  Release 1995(国内盤定価\2,500)
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み)  price:\700

95年の日本編集ベスト。83年にマレード・ニ・ウィニー&フランキー・ケネディ名義でリリースした『北の調べ(原題:Ceol Aduaidh)』から、93年の『アイランド・エンジェル』まで、マレードの夫であるフランキーが逝去するまでに残した過去10年の足跡の中から、87年のデュオ時代の『アルタン』を除く、計5枚のアルバムの中からヴォーカル曲を中心に(インストもあり)選曲した、初期の彼等を捉えた一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい アルタン 「ブラックウォーター」 
(Virgin VJCP-25239)   国内盤帯なし  Release 1996(国内盤定価\2,500)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み) price:\700

マレード・ニ・ウィニーの夫でフルート奏者のフランキー・ケネディが94年に亡くなり、前作に参加したアコーディオン奏者、ダーモット・バーンが正式加入したアルタンの96年の通算5作目。お馴染みのドーナル・ラニーやブレンダン・パワーがゲスト参加。マレードの美しい歌声によるヴォーカル曲BDFHJ、マレードが亡き夫フランキーに捧げたK等のインストを収録。解説・BDFJのみ歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ALTAN 「Runaway Sunday」(Virgin CDV2836)
EU盤   Release 1997  price:\700
状態 B(盤に疵、スリ疵<研磨跡>あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり)

女性フィドラー&シンガーのマレード・ニ・ウィニー率いるアイリッシュ・トラッド・バンド、アルタンのメジャーでの第2弾となる97年の通算7作目。ヴォーカル曲と、インストが大体半分ずつくらいの割り合いで、特にマレードの天使のような美しく透き通った歌声が絶品!ドーナル・ラニー、ステファン・クーニー、チーフタンズのマット・モロイ等がゲスト参加。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ALTAN 「Another Sky」
(Virgin 7243 8 48838 2 9)  EU盤  Release 2000   price:\900
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワあり)

アイリッシュ・トラッドのヴェテラン・バンド、アルタンの2000年リリースの通算8作目。マレード・ニ・ウィニーの透き通るような美しい歌声によるヴォーカル曲をいつもより多めの割り合いで収録した、マレード好きの方には大満足の一枚。いつもより少なめながら、躍動感溢れるスピーディーな曲から牧歌的なほのぼのした雰囲気に浸れるインストも勿論収録。ボブ・ディランのカヴァーG、ボニー・レイットがスライド・ギターで参加したH等もあり。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ダーモット・バーン 「ダーモット・バーン」(Hummingbird MSIF 8513)
国内(直輸入)盤帯あり  Release 1995(国内盤定価\2,615)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、スレ、ほんの少しシワあり)   price:\1,000

96年からアルタンに正式加入したアコーディオン奏者、ダーモット・バーンがアルタン加入直前の95年にリリースしたソロ・アルバム。スタジオ録音とライヴ録音を交えた本作は、ドーナル・ラニー、ステファン・クーニー、トレヴァー・ハッチンソンをバックに、全編インストで構成した、ダーモットのアコーディオンが軽やかに舞い踊る一枚。解説付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ポール・ブレイディ 「ロマンティック・ダンディ」(Fontana PHCR-1082)  
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少し古本シミあり) 国内盤帯なし  Release 1991(国内盤定価\2,500) price:\700

60年代よりアイリッシュ・フォーク・バンド、ジョンストンズの一員として活動してきた、シンガー・ソングライター、ポール・ブレイディの91年のアルバム。スティーリー・ダンのアルバムでお馴染みのゲイリー・カッツがプロデュースを担当した本作は、エモーショナルなブレイディのヴォーカルと、AOR的な売り方をしたいレコード会社(酷い邦題!原題は「Trick Or Treat」)の思惑も判らないではない、穏やかなアダルトな雰囲気漂う作品となっています。ボニー・レイットとのデュエットE等を収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい PAUL BRADY 「Oh What A World」(COMPASS 7 4304 2)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミあり) US盤  Release 2001  price:\1,200

アイルランドの名シンガー・ソングライター、ポール・ブレイディの2001年のアルバム。ブレイディ自らドラムの打ち込みやシンセ・ストリングス等まで手掛け、部分的にミュージシャンがサポートした曲から、生ドラムによるバンド編成の2パターンで構成された本作は、アイリッシュ・パブで合唱したくなるようなゴキゲンなC、ローリング・ストーンズを思わせるイントロと思ったら、ミック・テイラーがスライド・ギターで参加していたH等を収録。意欲的でいながらも落ち着いた趣を感じさせる、大人な仕上がりの一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい アンディ・ホワイト 「ヒムセルフ」(COOKING VINYL COCY-75902)
国内盤帯なし  Release 1994(国内盤定価\2,500)  price:\900
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミ、挟み跡あり)

90年リリースの通算3作目。トーキンス・スタイルのヴォーカルで軽快に飛ばす@、ボブ・ディランの「戦争の親玉」を思わす曲調のE等、「ベルファストのビート詩人」との異名を持つだけあり、メッセージ色濃い硬派な歌詞も魅力的な、ハードなフォーク・ロックで疾走する一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ANDY WHITE 「Destination Beautiful」
(Cooking Vynyl COOK CD 072)  UK盤  Release 1994
状態 A    price:\1,100 

北アイルランドのシンガー・ソングライター、アンディ・ホワイトの94年の通算5作目。「Day Tripper」や「Get Back」のフレーズを採り入れたジョン・レノンへの憧れを歌にしたB、ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィ、クラウデッド・ハウスのティム・フィンと結成するALTのアルバムにも収録された、3人による共作のC(本作はアンディ・ヴァージョン)等を収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ANDY WHITE 「Compilation」
(Thirsty Ear THI 57081.2)   US盤   Release 2000
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\1,400

北アイルランドのシンガー・ソングライター、アンディ・ホワイトの2000年リリースのベスト・アルバム。86年のデビュー・アルバム『Rave On Andy White』から、96年のアルバム『Teenage』までの楽曲を中心に、85年にスティッフからリリースしたEPA、新曲のKL、アルバム収録ヴァージョンとは異なるヴァージョンで収録された曲等、初心者からマニアまで満足の盛り沢山の一枚。童顔のルックスのイメージとは異なる、ボブ・ディラン直系の骨太なところと、童顔のルックス通りの優しさも含んだ歌声が魅力的。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ザ・チーフタンズ 「ロング・ブラック・ヴェイル」 
(BMG BVCP-782)  国内盤帯あり  Release 1995(国内盤定価\2,500)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。付属ライナーに少しシワあり)  price:\800

豪華ゲスト・シンガーを多数招いた95年のアルバム。@にスティング、Aにミック・ジャガー(Lにはローリング・ストーンズ)、シニード・オコナーがBIの2曲に、既に共演アルバムをリリースしているヴァン・モリソンがCに、マーク・ノップラーがE、ライ・クーダーがFG、マリアンヌ・フェイスフルがHに、トム・ジョーンズがKに参加。今回は顔の半分が曲線で切れているコストが掛かりそうなUS盤とはジャケ違いの国内盤での入荷。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE CHIEFTAINS 「Water From The Well」 
(BMG 09026-63637-2)   US盤  Release 2000
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。裏ジャケに少しスレあり) price:\700

アイルランドの至宝、チーフタンズの2000年のアルバム。90年代に入り、世界中との異ジャンルのミュージシャンやポップ・スターとの共演によって、活動の舞台を世界へと広げていた彼等が、再び地元回帰路線を打ち出した作品。アイルランド各地の伝承曲を、アイルランドの地元ミュージシャンとセッションした本作には、シェイマス・ベグリーを招いたF、アルタンとのセッションI、キルフェノーラ・ケーリー・バンドとのK等を収録。彼等の数多い作品の中でも評価、人気共に高い一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい CHRISTY MOORE 「Voyage」(WEA 2292-46156-2)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴにスレ、少しシワあり) EU盤  Release 1989  price:\500

プランクシティ、ムーヴィング・ハーツとアイルランド音楽を語る上で避けては通れない名バンドを経てソロで活動するクリスティ・ムーアの89年のソロ・アルバム。前述の2バンド時代からの盟友、ドーナル・ラニーのプロデュースによる本作は、シネイド・オコーナーのコーラスも美しいB、エルヴィス・コステロのカヴァーC、プランクシティのイーリアン・パイプ奏者、リアム・オフリンやチーフタンズのパディ・モローニが参加したG等を収録。歌詞付き。<AC〜Fの5曲の歌詞、参加メンバー・クレジットが無いので、真ん中の1枚が抜けている可能性があります。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい CLANNAD 「Macalla」
(RCA PCD1-8063)   US盤   Release 1985
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み)  price:\1,000

エンヤの実姉のモイア率いるアイルランドの人気グループ、クラナドの86年のアルバム。80年代に入り顕著となっていたシンセ主体の音作りを推進し、アンビエントで幽玄的な雰囲気を漂わせつつ、ポップな要素も存分に増した一枚。U2のボノとのデュエットC等を収録。リミックスを一曲追加、ジャケットを変更したデジタル・リマスター盤もリリース済み。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい CLANNAD 「Lore」(BMG/RCA 74321 359751)
状態 B(共に盤に少し疵あり。再生確認済み。裏ジャケ内側に汚れ<カビ?>あり)  E.C.盤2枚組   Release 1996  price:\800

クラナド、96年のアルバム。トラッドの要素も随所に忍ばせた幻想的、宗教的なサウンドながら、あくまでコンテンポラリーなポップ・ミュージックとして成立させている、クラナドらしい世界観を推進した一枚。映画やドラマ主題歌として使用された曲や、U2のボノとの共演曲等、既発曲を全6曲収録したボーナスCD付きの限定2枚組仕様。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DOLORES KEANE 「There Was A Maid」
(Claddagh CC23CD)  IRELAND盤   Release 1978  price:\1,200
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレ、汚れあり)

アイルランド音楽シーンの重要アーティストを多数輩出したヴェテラン・アイリッシュ・トラッド・バンド、ディ・ダナンの初代(80年代後半にも再加入)シンガー、ドロレス・ケーンがバンド脱退後の78年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム。彼女の当時の夫のマルチ・プレイヤー、ジョン・フォークナーが在籍するリール・ユニオンに加え、フィドル奏者のマーティン・バーンズ、チーフタンズのバウロン/ボーンズ奏者のパダー・マーシアがバックを担当。ア・カペラの@BIK、インストのCEFHJ等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DOLORES KEANE 「Lion In A Cage」(RINGSEND ROAD CKDC2)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。インナースリーヴ上下箇所に経年による変色若干あり)  US盤    Release 1989   price:\800

アイルランドを代表する女性シンガー、ドロレス・ケーンの89年のアルバム。アイルランド音楽界の重鎮、ドナール・ラニーがプロデュースを担当した本作は、それほどアイリッシュ・トラッド色は濃くなく、洗練されたモダンなポップ・アルバム色濃い仕上がり。クリス・レアのC、ポール・ブレイディのE、ヴァン・モリソンのH等を収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DOLORES KEANE 「Solid Ground」
(Shanachie 8007)   US盤   Release 1993  price:\800
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴの挟み跡箇所に微細な破れあり)

ドロレス・ケーン、93年のソロ通算4作目。リンダ・トンプソンのカヴァー@、エミルー・ハリスが参加した、長男に捧げた優しさ溢れるB(エミルーはDにも参加)、ラテン・テイストを採り入れたアレンジにイーリアン・パイプのソロが絡むアップ・テンポのC、本作中最もアイリッシュ色濃いF等、コンテンポラリー色とアイリッシュ色が混在したアコースティックなサウンドの上、太く力強い温かみのあるドロレスの歌声を満喫できる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい RICHARD AND LINDA THOMPSON 「Shoot Out Tke Lights」 
(Hannibal HNCD 1303)  US盤 Release 1991
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み) price:\1,000

本作リリースの翌年に離婚してコンビ解消となってしまう、リチャード&リンダのトンプソン夫妻の82年のデュオとしての最後のアルバム。『ローリング・ストーン』誌の80年代のアルバム100選の第9位に選ばれたほどの名盤の誉れ高い一枚。ルー・リードを呆然とさせたというリチャードのギター・プレイが圧巻のD等を収録。94年リリースの国内盤には未収録のHを追加収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい RICHARD THOMPSON 「Rumor And Sigh」(Capitol CDP 7 95713 2)
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)  US盤   Release 1991  price:\700

プロデューサーにミッチェル・フルーム、ミックスをチャド・ブレイクという黄金コンビをを招いた、リチャード・トンプソン、99年のアルバム。ジム・ケルトナー、ジェリー・シェフ、アレックス・アキューナ、グレッグソン&コリスター等が参加。最早、円熟の時期に突入しながらも、アグレッシヴな面と遊び心が同居した高い評価を誇る一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい リチャード&ダニー・トンプソン 「インダストリー」(Rykodisc VACK-1130)
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴにほんの少しシワ、古本シミあり)  国内盤帯あり  Release 1997(国内盤定価\2,548) price:\800

フェアポート・コンヴェンションとペンタングル、英国フォーク・ロックを支えた名バンドに在籍した、同姓ながら血縁関係無しの二人が、初めて両者の名義でリリースした97年のアルバム。タイトル通り、産業革命以降の「工業」にスポットを当てたヴォーカル曲をリチャード、間を埋めるようなインストをダニーが曲作りを担当。労働参加から文明批評までを盛り込んだヴォーカル曲に、ジャズ色濃い演奏陣との融合も素晴らしいインストがトータル・アルバム的に混ざりあった一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい RICHARD THOMPSON 「The Old Kit Bag」(SILVERLINE 284400-2)
US盤CD/DVDデュアルディスク  Release 2003  price:\2,800
状態 B(CD面、DVD面共に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み)

リチャード・トンプソン、03年のソロ名義では通算10作目となるスタジオ・アルバム。第一章と第二章に分けた二部構成の本作は、ダニー・トンプソンのダブルベース、マイケル・ジェロームのドラムのトリオ編成を軸に、A曲によってジュディス・オーウェンがコーラス参加。リチャードのエレキ・ギターが冴えまくるA、マンドリンとダルシマーを弾くアイリッシュ色濃いアコースティックなD、フォーク・ロックのF等を収録。5.1サラウンド・システム&ステレオでのアルバム全曲収録、AJのライヴ・ヴィデオ等を収録したDVDサイドが裏面にある珍しいデュアル・ディスク(片面CD、片面DVD)での入荷。(スリーヴの汚れは印刷のダメージジャケットです。)

収録曲についてはこちらをクリックして下さい リンダ・トンプスン 「ドリームズ・フライ・アウェイ」(Hannibal VACK-5155)
国内(直輸入)盤帯あり Release 1996(国内盤定価\2,500)
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。帯に折れジワ、挟み跡あり) price:\1,300

リチャード・トンプスンの公私共にわたるパートナーとして(後に離婚)、またサンディ・デニーをして「最も過小評価されている女性シンガー」と言わしめた、リンダ・トンプスンのベスト・アルバム。リチャード&リンダ・トンプソン時代の作品からソロ作、ライヴ・ヴァージョン、デモ・ヴァージョン等を含む未発表曲も多数収録。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい SANDY DENNY 「Rendezvous」
(Hannibal HNCD 4423)   UK盤  Release 1986  price:\700
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

サンディ・デニー、77年のソロ通算4作目にして、78年に事故のため31歳の若さで亡くなったため遺作となってしまったアルバム。リチャード・トンプソン、デイヴ・マタックス、デイヴ・ペグといったフェイアポート・コンヴェンション時代の仲間に加え、スティーヴ・ウィンウッド等も参加。レゲエ界からジュニア・マーヴィンが参加したA、エルトン・ジョンのカヴァーB、ストリングスをバックに盛り上げるバラードE、ワンダ・ジャクソンのカヴァーG等に加え、86年盤CDのボーナス・トラックとしてIを追加収録。英国フォークの香りを残しつつ、全体的にロック色濃いサウンドを展開した一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい フォー・メン・アンド・ア・ドッグ 「ザ・ベスト・オブ・フォー・メン・アンド・ア・ドッグ」
(MUSIC PLANT RUCD090)  国内盤帯あり  Release 2002(国内盤定価\2,520)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)  price:\1,200

95年の3作目『Doctor A's Secret Remedies』と、翌96年の4作目『Long Roads』の2枚の収録曲から選曲した、2002年リリースの日本仕様のベスト・アルバム。アイリッシュ・トラッドにアメリカン・ルーツ・ロック色も交えた、ライヴ・バンドとして高い人気を誇るバンドらしい、イキの良い演奏が詰まった一枚。ザ・バンドのリヴォン・ヘルムのスタジオで録音、Jにはガース・ハドソンがアコーディオンで参加。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ホットハウス・フラワーズ 「ピープル」(LONDON P32L-20078)  
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴ、付属ライナーに挟み跡、少しシワあり) 国内盤帯なし Release 1988(国内盤定価\3,200)  price:\500

熱烈な歓迎を受けて音楽シーンに躍り出た、新人離れした88年のデビュー・アルバム。アイリッシュ・フォーク、ソウル、ゴスペル、ロックンロール等を見事に吸収し確かな演奏力によって表現した、これがデビュー作か?という貫禄の仕上がりで多方面から高い評価を得た一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい HOTHOUSE FLOWERS 「Home」(LONDON 828 197-2)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡シワあり)  US盤   Release 1990   price:\500

ホットハウス・フラワーズの90年のセカンド・アルバム。新人離れした落ち着きっぷりが圧巻だったデビュー・アルバムから、本作では勢いある冒頭の@Aでアルバムに引き込み、後はデビュー・アルバムを深化させたかのようにじっくりと聴かせる構成になっています。クライヴ・ランジャー他、複数のプロデューサーを起用し、レコーディングもダブリン、ウェールズ、ニューオーリンズで敢行。ダニエル・ラノワがプロデュースのE、ジョニー・ナッシュのヒット曲のカヴァーF、疾走感溢れるアイリッシュ風味溢れるライヴ録音のL等を収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ホットハウス・フラワーズ 「ボーン」(LONDON POCD-1274)  国内盤帯あり
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに軽い挟み跡、少しスレあり) Release 1998(国内盤定価\2,548)  price:\500

リアム・オメンレイ、フィアクナ・オブラニアン、ピーター・オトゥールのトリオ編成になったホットハウス・フラワーズの5年ぶりとなる98年の通算4作目。ヴァン・モリソン直系とでも呼びたいアイリッシュ・ソウル路線から大幅にサウンドが変わった本作は、打ち込み等も採り入れた洗練されたモダンなロックを展開した一枚。日本盤のみジェイムス・ブラウンのJ、デビュー曲の再演Kの2曲をボーナス・トラックとして追加収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい IAN HARDIE 「A Breath Of Fresher Airs」(GREENTRAX CDTRAX 049)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少し汚れ、シワあり) UK盤  Release 1992  price:\1,200

スコットランドのフォーク・バンド、ジャック・タムソンズ・バーンズ等で活躍し、昨年(2012年)惜しくも59歳の若さで亡くなったフィドル奏者、イアン・ハーディーの92年のセカンド・ソロ・アルバム。同じくタムソンズのメンバーだったジャック・エヴァンス等をバックに、全曲ハーディーのオリジナルによるインスト曲を、アコースティックで伝統的なスタイルの演奏で展開した一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOE BURKE・ANDY McGANN・FELIX DOLAN 「The Funny Reel」
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワあり)(SHANACHIE 34016) US盤  Release 1995 price:\1,500

アコーディオン奏者のジョー・バーク、フィドル奏者のアンディ・マクガン、ピアニストのフェリックス・ドーランの三者のセッションによる二枚目のアルバムとなった79年のアルバム。三人の軽妙な演奏によるリールやジグを中心に、バークのアコーディオン・ソロによるBFK、マクガンのフィドル・ソロFIも収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ジョン・マッカスカー 「イエロー・ハウス」(Temple COMD2083/MSIF 3760)
国内(直輸入)盤BOX仕様帯あり  Release 2000(国内盤定価\2,835)
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。外箱表面に疵、帯折れ目に少し破れあり)  price:\900

スコットランドのチーフタンズの異名を持つバトルフィールド・バンドでの活動等でも知られるフィドル奏者、ジョン・マッカスカーの2000年のソロ・セカンド・アルバム。美人シンガー、ケイト・ラスビーのヴォーカルをフィーチャーしたH以外は全てインスト。姉と甥に捧げた美しいピアノ曲Fではピアノも自ら演奏。オリジナル曲を中心にした美しいメロディと、滑らかな演奏が心地良い一枚。解説・Hのみ歌詞対訳付き(原詞は無し)。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい マクエイリアス 「ハイワイアード」(Greentrax MSIF 3814)
国内(直輸入)盤帯あり Release 2001(国内盤定価\2,835) price:\1,000
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり) 

ソロとしてアルバムを2枚リリースしているギル・ボウマンと、マリンキーやバトルフィールド・バンドに在籍し、現在はソロで活躍するキャリン・ポラートのスコットランドの女性二人組、マクエイリアスが2000年にリリースしたデビュー・アルバム。二人のハーモニーによるアカペラGから、弾き語り、ドラムやベース等も加えたバンド編成まで、スコティッシュ・トラッド色濃い楽曲を中心に、フォーク、カントリー等、アコースティックなサウンドと涼やかなハーモニーで聴かせる一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい MAURA O'CONNELL 「A Real Life Story」(Warner Bros. 9 26342-2)
状態 B(盤に薄いスリ疵<研摩跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり) US盤   Release 1991   price:\1,200
元デ・ダナンのシンガー、モーラ・オコンネルの91年リリースのアルバム。グレッグ・ペニーのプロデュース、ジム・ケルトナー、ディーン&キャロル・パークス夫妻等がバックを担当した本作は、ラジオ向け(?)なポップなロック調の@A、オコンネル4姉妹が揃ったB、ジェリー・ダグラスのドブロと、ディーンのギターのみをバックにしたビートルズのカヴァーG、ジョン・ハイアットのH、ギターとアコーディオンのみをバックにしたトム・ウェイツのカヴァーI等を収録。表現力豊かなオコンネルのヴォーカルを堪能できる一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい NIGHTNOISE 「Something Of Time」
(WINDHAM HILL 01934-11365-2)  US盤  Release 1987
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み) price:\1,300

ドーナル・ラニー率いるボシー・バンドのギタリストだったミホール・オ・ドーナルが、アメリカ人ヴァイオリニストのビリー・オスケイとのデュオで「ナイトノイズ」名義のアルバムを84年にリリース。本作からミホールの妹トリーナ・ニ・ゴーナルとブライアン・ダニングが加入し、4人組のバンド「ナイトノイズ」となっての87年の実質上のファースト・アルバム。全曲インストの本作は、トリーナは自作のHのみ参加と、まだまだデュオ時代をベースにしているようで、EFIK等アイリッシュ/ケルト色を感じさせる曲もあるものの、全体としてはニューエイジ/ヒーリング色濃い一枚。Jにはイアン・マシューズが参加。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE POGUES 「Red Roses For Me」
(WEA 2292-44494-2)   Germany盤  Release 1984
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み)   price:\600

パンク・バンド、ニップスのシンガーだったシェイン・マガウアンが82年に結成したポーグスが、84年にリリースした記念すべきデビュー・アルバム。パンクとアイリッシュ・トラッドの融合を強く意識させるKを除くと、シェイン手掛ける7曲のオリジナルの方が意外とトラッド色が強く、トラッド・カヴァーの方がより自由にパンキッシュな感じに仕上げているのも興味深い一枚。ボーナス・トラック6曲収録のリマスター盤もリリース済み。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい POGUES 「Waiting For Herb」
(WEA 4509-93463-2)   Germany盤  Release 1993   price:\600
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

バンドの顔であったシェイン・マガウアン脱退後、初めての作品となったポーグス、94年の通算6作目。シェインに代わってスパイダー・ステイシーがほとんどの曲でリード・ヴォーカルを担当。曲によってはシェインが歌っていたらと思わせる時もあるものの、シェインとはまた異なるチンピラさ加減のスパイダーの歌がハマるCEF、中近東テイストを加えたGH、沖縄テイストを交えたパチンコ讃歌I等、心機一転の気合を感じさせる一枚。随所で印象的なギター・プレイを聴かせるマイケル・ブルークが、全編プロデュースを担当。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE POGUES 「Pogue Mahone」
(MESA 92684-2)   US盤    Release 1995
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり) price:\600

ポーグス、95年のアルバム。バンドの顔であったシェイン・マガウアン脱退後、2作目となる本作は、重鎮テリー・ウッズを初めメンバー3人も脱退という痛手も何のその、シェインほどの存在感は無いものの、スパイダー・ステイシーの投げやりなヴォーカルも板に付き、スピーディーで勢いあるアイリッシュ・トラッド色濃いオリジナル曲の良さが光る一枚。但し、本作をもってバンドは解散。2001年はシェインも含め再結成。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE POGUES 「The Best Of The Pogues」
(wea 9031-75405-2)  Germany盤   Release 1991
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み) price:\600

シェイン・マガウアン率いるポーグスの91年リリースのベスト・アルバム。84年のデビュー・アルバム『赤い薔薇を僕に(原題:Red Roses For Me)』から、ジョー・ストラマーがプロデュースを担当した90年の通算5作目『ヘルズ・ディッチ』までの、シェイン在籍時の5枚のアルバムからの選曲。カースティ・マッコールとのデュエットによるクリスマス・ソングの大名曲@、ダブリナーズとの共演によるC等を収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE POGUES 「The Rest Of The Best」(WEA 9031-77341-2)
EU盤   Release 1992  price:\600
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、古本シミあり)
91年リリースの初のベストとなった『ベスト・オブ・ザ・ポーグス』に続く、92年のベスト・アルバム第二弾。シェイン・マガウアン在籍時の楽曲から第一弾には収録されなかった曲から選曲された本作は、オリジナル・アルバム未収録(リイシュー盤のボーナス・トラックとしては収録済み)のEP収録曲やシングルB面曲を4曲(GHIJ)収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ポーグス 「ベスト・オブ・ザ・ポーグスVol.2」
(WEA WPCR-1372)  国内盤帯あり   Release 1997(国内盤・定価\2,100)
状態 
未開封品    price:\1,500
92年のベスト・アルバム第2弾が、期間限定価格で97年にリリースされた際の国内盤CD。シェイン¥マガウアン在籍時の楽曲から、第一弾ベストとは重複しない選曲が成された一枚。収録曲の内訳は1stから3曲、2nd2曲、3rd3曲、4th1曲、5th3曲、アルバム未収録のシングル曲4曲からの全16曲収録。解説・歌詞・対訳付き。
   

収録曲についてはこちらをクリックして下さい シャロン・シャノン 「イーチ・リトル・シング」(Grapevine APCY-8393)
国内盤帯なし  Release 1997(国内盤定価\2,548)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み)  price:\1,300

97年の通算3作目。ドナール・ラニーをプロデューサーに迎えた本作は、ギターも担当するスティーヴ・クーニー作のアルバム・タイトル曲C、ドラムの打ち込みと生ドラムを併用したD、彼女の作品では初のヴォーカル曲となった、カースティ・マッコールのヴォーカルをフィーチャーしたE、チリの作曲家ホラシオ・サリナスによるJ等、軽快なシャノンのアコーディオン・プレイを堪能できる一枚。日本盤にはライヴ音源L等、2曲をボーナス・トラックとして追加収録。解説Eのみ歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい シャロン・シャノン 「ザ・ベスト」(Grapevine/Solid APCY-8341) 
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) 国内盤帯なし   Release 1996(国内盤定価\2,600)   price:\800

アイルランド出身の女性アコーディオン奏者、シャロン・シャノンの96年リリースの日本編集のベスト・アルバム。91年のデビュー・アルバム『シャロン・シャノン』、94年のセカンド『アウト・ザ・ギャップ』の2枚のアルバムからのセレクトで全編インスト。意外な組み合わせのUKレゲエ/ダブの名プロデューサー、デニス・ボーヴェルのプロデュース作@AEHI、ドーナル・ラニーとのデュオによるL、ラニーにホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリーを加えたトリオ編成によるM等を収録。解説付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい WATERSON:CARTHY 「Waterson:Carthy」(TOPIC TSCD 475) 
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴにほんの少しシワあり) UK盤   Release 1995   price:\1,000

英国フォーク/トラッドを代表する一人、マーティン・カーシーと、妻ノーマ・ウォーターソン、二人の娘であるイライザ・カーシーの三人による、94年のファースト・アルバム。アコースティック・ギター、フィドル、マンドリンというアコースティックな楽器のみを使用したシンプルな演奏をバックに、三人それぞれがリード・ヴォーカルをとる、シンプルながら深み溢れる英国フォーク/トラッドを堪能できる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい イライザ・カーシー 「ヒート、ライト&サウンド」(Topic VSCD-2720(I))
国内(直輸入)盤帯あり  Release 2001(国内盤定価\2,575)
状態 
未開封品   price:\900
英国フォーク/トラッドを代表する一人、マーティン・カーシーと妻のノーマ・ウォーターソンの娘、イライザ・カーシーの96年のファースト・アルバム。両親とのウォーターソン・カーシーとしてのアルバムや、ナンシー・カーとの2枚のデュオ・アルバムを経てリリースされた初のソロ作。この時、若干20歳とは思えない血統書付きの貫禄すら感じさせるヴォーカルとフィドル・プレイを楽しめる一枚。解説付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ELIZA CARTHY 「Angels & Cigarettes」(Warner Bros. 9362 47698 2)
状態 B'(盤にやや疵多めにあり。再生確認済み。スリーヴに古本シミ、挟み跡、スレ、少しシワあり)  EU盤  Release 2000   price:\500

マーティン・カーシーとノーマ・ウォーターソンの娘、イライザ・カーシーの2000年のソロ通算4作目。親子3人の95年のアルバムでは可憐なルックスだったのが、本作では髪を青く染め、鼻にはピアス、身体も太く、女子プロレスラーのようなルックスに変貌しているのに驚き。曲によっては打ち込みやストリングスも採り入れ、清涼感溢れる曲から哀愁漂う曲まで、歌ばかりでなくヴァイオリン、ヴィオラ、テナー・ギター、キーボードまで自ら操り、フォーキーかつポップに展開した一枚。父マーティン・カーシー、リーランド・スクラー、ヴァン・ダイク・パークス等も参加。Gはポール・ウェラーのカヴァー。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい V.A. 「Common Ground」
(CEMI 7243 8 37691 2 4)    Holland盤   Release 1996
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み) price:\700

ドーナル・ラニーのプロデュースによるモダン・アイリッシュ音楽のオムニバス・アルバム。スプリット・エンズ〜クラウデッド・ハウスのティム&ニールのフィン兄弟によるA、U2のボノとアダム・クレイトンによるセルフ・カヴァーのB、シニード・オコナーによるE、エルヴィス・コステロによるG、ケイト・ブッシュによるH等のロック/ポップ・フィールドのアーティストから、シャロン・シャノンによるC、ポール・ブレイディによるD、クリスティ・ムーアによるL等、アイルランド音楽界のアーティストまで、全てこのアルバムのために録音された曲によって構成された好オムニバス。

ページのトップへ
JAPANESE VERSION ONLY ◆ MUSIC FOR HEAVY LISTENERS