blues traveler bridge

サンマルチノ HOMEへ
ONLINE USED CD SHOP
SINCE 2004.10.17
RENEWAL 2006. 1.12
注文方法 当店について コラム 日記 リンク
アメリカン・ルーツ・ロック
NEW
SINGER
SONGWRITER
AMERICAN
ROOTS ROCK
PUB ROCK
PUNK
GARAGE
NEW WAVE
NEO ACOUSTIC
GUITAR POP
POWER POP
50'S/60'S
70'S
MODS
ROCK
BIG NAME
ROCK FEMALE
ROCK OTHER
JAPANESE
SOUL/FUNK
HIP HOP
JAZZ
FRENCH
SOUNDTRACK
REGGAE/SKA
WORLD MUSIC
ETC

 
アメリカン・ルーツ・ロック・コーナーはスワンプ、サザン・ロック、ホワイト・ブルース、アメリカン・ロック等を含む「ルーツ・ロック」、「カントリー・ロック」、「オルタナ・カントリー」、「カントリー」、ブルーグラス、ケイジャン、テックス・メックス、ザディコ、フォーク等を「ブルーグラス他」として分類しています。ライル・ラヴェット等、カントリー・シンガーながら「シンガー・ソングライター」コーナーに分類しているアーティストもあります。イーグルス関連アーティストは「カントリー・ロック」コーナーに分類しています。(ジャケット画像をクリックすると収録曲等の情報を表示します)。

ルーツ・ロック
カントリー・ロック■  ■オルタナ・カントリー
カントリー■    ■ブルーグラス他
500円以下■  ■売り切れ■ 

■ルーツ・ロック■
収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE ALLMAN BROTHERS BAND 「Idlewild South」(Polydor 833 334-2)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) US盤  Release 1970  price:\600

サザン・ロックを代表する名バンド、オールマン・ブラザーズ・バンドの70年のセカンド・アルバム。名匠トム・ダウド(Cのみジョエル・ドーン)のプロデュースの下、デュアン・オールマンとリッキー・ベイツのツイン・リード・ギターを軸に、ツイン・ドラムによる強靭なリズム等、彼等ならではの強力なバンド・サウンドを展開した一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい オールマン・ブラザーズ・バンド 「フィルモア・イースト・ライヴ」
(Polydor P36P 22033/4) 国内盤帯なし Release 1989(国内版定価\3,708)
状態 B(両盤共に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。付属ライナーに古本シミ、少しシワあり) price:\800

71年3月12、13の両日、NYのフィルモア・イーストで行われたライヴを収録した実況録音盤。デュアン・オールマンが同年10月にバイク事故で他界したため、デュアン在籍時のオールマンの集大成が結実した奇跡のライヴを捉えた彼等の最高傑作であると共に、ライヴ・アルバムの定番として、またサザン・ロックや70年代のアメリカン・ロックを代表する作品として圧倒的に高い評価を誇る2枚組。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ALLMAN BROTHERS BAND 「Eat A Peach」
(POLYDOR 823 654-2)   US盤  Release 1972
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み)  price:\800

オールマン・ブラザーズ・バンド、アナログ時代は2枚組だった72年のアルバム。本作録音中に、デュアン・オールマンがバイク事故で24歳の若さで死亡。デュアン亡き後の新生オールマンとして録音した@AB、71年のライヴ・アルバム『フィルモア・イースト・ライヴ』と同じフィルモアでのライヴ音源CDE、デュアン存命時のスタジオ録音FGHと変則的な内容ながら、オールマンの作品中で高い評価を誇る一枚。アナログでは別々の面に分けられていた、33分を越えるライヴCは圧巻!

収録曲についてはこちらをクリックして下さい BLUES TRAVELER 「Live From The Fall」
(A&M 31454 0515 2)  US盤2枚組   Release 1996
状態 B(盤に共に疵あり。再生確認済み。ジャケット表面に疵あり) price:\1,000

ブルース・トラヴェラー、96年リリースの2枚組ライヴ・アルバム。詳細なレコーディング・データは記載されておらず、恐らく全米各地でのライヴの模様を収録したと思われる、筋金入りのライヴ・バンドの実力を存分に味わえる作品。ジョン・ポッパーのブルース・ハープとチャン・キンクラのギター・ソロは、スタジオ盤に比べ大幅増量。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい BONNIE RAITT 「Luck Of The Draw」(Capitol C2-96111) 
US盤  Release 1991  price:\600
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

ボニー・レイット、91年のアルバム。ドン・ウォズとボニーとの共同プロデュースによる本作は、デルバート・マクリントンとのデュエットA、ブルース・ホーンズビーとベンモント・テンチがピアノとハモンドを担当した泣けるバラードB、イアン・マクレガンがハモンドを弾くレゲエ調のD、ジョン・ハイアットのEにはハイアット自身が参加。リチャード・トンプソンが参加したポール・ブレイディ作のGJ、ドンがウォッシュタブ・ベース(ジャグ・ベース)を弾くジャグ・バンド・スタイルのアコースティックなH等、いつもハイ・クオリティの作品を提供し続けてくれる安心のボニー印の一枚。歌詞付き。

CARLA OLSON 「Reap The Whirlwind」(WATERMELON CD 1026) 
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワ、スレあり) US盤  Release 1994  price:\1,000

「カーラ・オルソンwithミック・テイラーandパーシー・スレッジ」のタイトルで国内盤リリースされた94年のアルバム。この国内盤タイトルは過大表現といった感じで、ミック・テイラーは@DFの3曲、パーシー・スレッジはFHと出番は少なめ。イアン・マクレガンのピアノが冴えるソウルフルな@、ストーンズっぽいA、故ジーン・クラークとマイケル・ノルズとカーラの3人の共作のC、サザン・ソウルなオリジナル曲F、ウィリー・ディクソン作、ココ・テイラーのG等、ブルージーでソウルフルなアメリカン・ロック満載の一枚。歌詞付き。

カーラ・オルソン 「ベスト・オブ・カーラ・オルソン」
(Bad News BN-016)    国内盤帯あり   Release 1995(国内盤定価\2,800)
状態 A'(音に出ない疵わずかにあり。再生確認済み)   price:\1,300

95年リリースのベスト・アルバム。ミック・テイラー作の新曲@、上記『withミック・テイラーandパーシー・スレッジ』収録曲のBC、88年のアルバム『カーラ・オルソン』からDE、故ジーン・クラークとの87年の共演アルバムからFG、ジョン・フォガティのカヴァーFにはクリス・ヒルマンも参加で、元バーズ二人の顔合わせとなっています。H以降はテクストーンズ時代の作品で、ドン・ヘンリー、ジーン・クラークが参加したK、ライ・クーダーがスライド・ギターを弾くL、トム・ペティの未発表作を採り上げたO等を収録。解説付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい CHRIS DUARTE GROUP 「Texas Suger/Strat Magik」 
(SILVERTONE 01241-41546-2) US盤 Release 1994  price:\700
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

クリス・デュアーテ・グループ、94年のデビュー・アルバム。ストラトキャスターにしては若干太めの荒く歪んだトーンを多用したギターの音色がカッコ良く、スティーヴィーとジミーのヴォーン兄弟に捧げられた10分近いDを筆頭に、スティーヴィー・レイ・ヴォーンの後継者と評されたのも納得の、ブルージーな曲を中心に、ギター弾きまくりの一枚。ギター・スリムのA、ミーターズのC、フレディ・キングのGのカヴァーも収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい CHRIS DUARTE GROUP 「Tailspin Headwhack」 
(SILVERTONE 01241-41611-2)  US盤 Release 1997
状態 B'(盤に薄い疵少し多めにあり。再生確認済み)  price:\900

スティーヴィー・レイ・ヴォーンの後継者と評されるクリス・デュアーテの97年の2作目。レイ・ヴォーンに比べると、曲調はファンク色が濃く、より荒っぽいギター・プレイが聴きモノ。ゴーディー・ジョンソンのプロデュース曲の@BDの3曲では、プロデューサーの功績か、ミキサーが良いのか録音が良いのか判らないものの、荒っぽい攻撃的なギター・プレイが活きる、ザラザラした耳触りの録音がスリリング!今回はUS盤での入荷のため、日本盤のボーナス・トラックJKは未収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ココ・モントーヤ 「ガッタ・マインド・トゥ・トラヴェル」(SILVERTONE BVCQ-630)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。ライナーに少しシワ、背焼けあり) 国内盤帯なし Release 1994(国内盤定価\2,500) price:\1,300

アルバート・コリンズのバンドでドラマーとして活動を初め、コリンズに教わったギター・プレイを引っさげ、ジョン・メイオール&ザ・ブルース・ブレイカーズのギタリストとして活躍した、ココ・モントーヤの94年のソロ・デビュー・アルバム。女性ギタリスト兼シンガー、デビー・デイヴィスやヴェテラン・ハモンド奏者マイク・フィネガンがバックアップした本作は、師匠二人もコリンズがBに、メイオールがDにそれぞれ参加。フィネガンに代わってアル・クーパーがハモンドを担当したC等を収録。偉大なるブルースマンのお墨付きを貰ったギター・プレイに、ストレートなヴォーカルも楽しめる一枚。解説・歌詞・対訳付き。日本盤はジャケ違い。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい カウンティング・クロウズ  「リカヴァリング・ザ・サテライツ」
(GEFFEN MVCG-208)  国内盤帯あり  Release 1996(国内盤定価\2,500)
状態 未開封品  price:\800

デビュー・アルバムが何と850万枚の売り上げを記録したカウンティング・クロウズが満を持してリリースした、96年のセカンド・アルバム。大ヒットしたアルバムは勿論のこと、その次のアルバムも決まって中古相場は安くなりますが、本作も未開封品ながら、こんな値段に..。仕入れ値は確か1750円だったか?新譜商売はツライ(未開封品の上、未聴のため、音楽とは関係ないこんなコメントになってしまいました。ご免なさい)。解説・歌詞・対訳付き。日本盤のみスペシャル・フォト・ブック封入。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHN FOGERTY 「Blue Moon Swamp」(WARNER BROS. 9362-45426-2)
Germany盤   Release 1997   price:\700
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワあり)

元クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァルのジョン・フォガティが、前作より実に11年ぶりというブランクを経てリリースした97年のソロ・アルバム。ロンサム・リバー・バンドがコーラスを担当した@H、チェスター・トンプソン、ダック・ダンがリズム隊を務めたB等を収録。ギターとヴォーカルは勿論の事、ラップ・スティール、エレクトリック・シタール、ドブロ、オルガン、マンドリン等、フォガティの多様な楽器の演奏も楽しめる復活作。2曲のボーナス・トラックを追加した2004年再発盤もリリース済み。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DAN HICKS AND THE HOT LOCKS 「Beatin' The Heat」 
(SURFDOG SD-67113-2)   US盤   Release 2000
状態 B(盤に疵、薄いスリ疵<研磨跡>あり。再生確認済み) price:\800

ダン・ヒックス&ザ・ホット・リックスとしては、ナンと27年振りとなる2000年のアルバム。ダン・ヒックスのソロ・アルバムからでも22年振りのスタジオ・アルバムというブランクをモノともしない、小粋なウェスタン・スウィング満載の一枚。ブライアン・セッツァー、リッキー・リー・ジョーンズ、ベット・ミドラー、エルヴィス・コステロ、トム・ウェイツと復活を祝うか如く豪華ゲストも参加。今回はUS盤でのでの入荷のため、日本盤ボーナス・トラックOは未収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DAVID LINDLEY AND EL RAYO-X 「Win This Record!」 
(ELEKTRA/AYSYLUM 9 60178-2)  US盤   Release 1982
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、背焼けあり) price:\800

ソロ名義だった前作から、本作では自らのバンド、エル・ラーヨ・エキスとの連名でのリリースとなった、デイヴィッド・リンドレーの82年のセカンド・アルバム。エタ・ジェイムスの61年のヒット曲@、ブッカー・T・ジョーンズが参加したタイロン・デイヴィスのA、ネヴィル・ブラザーズのCといったソウル/R&Bのカヴァーや、トゥーツ&ザ・メイタルズのD、メロディアンズのGといったレゲエのカヴァー等、カヴァーが半分で、残りがリンドレー作のオリジナル曲。ロックンロールからルーツ・ロック、レゲエにソウルまで、ゴキゲンなリンドレーのギター・プレイと高音ヴォーカルを楽しめる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DAVID LINDLEY Y WALLY INGRAM 「Twango Bango V」(JIVE 88697 74094 2)
状態 B'(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、残り疵やや多めにあり。再生確認済み。スリーヴにシワあり) US盤  Release 2003  price:\800

デイヴィッド・リンドレーと元ティムバック3のドラマー、ウォーリー・イングラムとの共同名義第3弾となる2003年のアルバム。各種ギターからウード、ブズーキ、サズといった様々な国の伝統弦楽器を駆使するリンドレーと、ドラムにジャンべ、カホン、ドゥンベック等の各種パーカッションを叩くイングラムの二人による演奏を中心に、娘のロザンヌ・リンドレーとデュエットする@や、ホルヘ・カルデロン参加のBFH等、曲によってはゲストも参加。ケイジャン・アコーディオンの巨匠、ネイザン・アブシャイアのカヴァーB、カレイドスコープ時代にもカヴァーしたトラッドをレゲエ調に再カヴァーしたD、フォークのトラッドを中近東テイストでカヴァーしたヴォーカル・ヴァージョンIとインスト・ヴァージョンJ等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE DAVID RALSTON BAND 「The Lucidity Of Insanity」
(THROTTLE JOCKEY 品番なし) US盤デジパック仕様  Release 2004
状態 
未開封品(シュリンクに疵あり)  price:\1,200
デラニー・ブラムレットのプロデュースで99年にアルバム・デビュー。20歳から沖縄に移住し、ホワイト・ブルースと沖縄音楽の融合を試みた独自のサウンドを展開するギタリスト兼シンガーのデヴィッド・ラルストン。本作はバンド名義での04年のアルバムで、ハモンドには沖縄ロックの伝説的バンド、紫のジョージ紫が参加。また島唄の歌い手、堀内加奈子をフィーチャーした楽曲等も収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい デビー・デイヴィーズ 「ピクチャー・ディス」(Blind Pig PCD-2498) 
国内盤帯なし    Release 1993(国内盤定価\2,884)
状態 B(盤に疵、薄いスリ疵<研磨跡>あり。再生確認済み)  price:\700

マギー・メイオール・アンド・ザ・キャディラックスやアルバート・コリンズのアイスブレーカーズに在籍した女性ギタリスト兼シンガーの93年のソロ・デビュー・アルバム。40を過ぎての遅咲きのソロ・デビューとはいえ、これまで培った経験は伊達ではない事が良く判る一枚。アルバート・コリンズがギターで参加したC、フレディ・キングのカヴァーFI、ドン・ニックスのカヴァーK等を収録。日本盤はジャケ違い。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ドクター・ジョン 「イン・ア・センチメンタル・ムード」(WARNER BROS. 22P2-2771)
状態 C(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、残り疵かなりあり。再生確認済み。付属ライナー抜け) 国内盤帯なし Release 1989(国内盤定価\)  price:\300 

89年のアルバム。名匠トミー・リピューマがプロデュース、ハーヴィー・メイソン、ジェフ・ポーカロ、マーカス・ミラー、ヒュー・マクラッケン等の錚々たるメンバーが参加。ビッグ・バンドやストリングスをバックに、ムーディーでアダルトな曲を中心にした一枚。リッキー・リー・ジョーンズとのデュエットによる@、エリントンのDや、スパイ大作戦のテーマのフレーズを盛り込んだコール・ポーターのGといったインストもあり。<付属ライナーが抜けています。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DR. JOHN 「Anutha Zone」 
(Parlophone 7243 495490 2 9)  EU盤  Release 1998  price:\500
状態 B'(盤にスリ疵<研磨跡>、残り疵やや多めにあり。再生確認済み)

ドクター・ジョン、98年のアルバム。ジョン・レッキーをプロデューサーに迎えた本作は、スピリチュアライズドのJ・スペースマン(ジェイソン・ピアース)がアレンジ、ミックス、共同プロデュース、参加したCD、ポール・ウェラー、マット・デイトン、ベータ・バンド等が参加したE、引き続きウェラー、デイトンに加え、ジュールス・ホランド参加のF等、英国人ミュージシャンとの共演による英国録音曲を中心にした一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ドゥービー・ブラザーズ 「ミニット・バイ・ミニット」(Warner Bros. 20P2-2011)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。付属ライナーに少しシワあり) 国内盤帯なし  Release 1988(国内盤定価\1,875)  price:\600

第二期ドゥービーのみならず、彼等のキャリアを代表する作品となった78年の名盤。トム・ジョンストンを病気で欠き、徐々に頭角を現したスティーリー・ダンからの中途加入組のマイケル・マクドナルドの色が更に強くなった、メロウで洗練されたウェスト・コースト産AORを中心に展開した一枚。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ドゥービー・ブラザーズ 「ワン・ステップ・クローサー」(Warner Bros. WPCP-3168)
国内盤帯なし  Release 1990(国内盤定価\2,348)
状態 B'(盤にスリ疵<研磨跡>、残り疵多めにあり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少し古本シミ、シワあり。付属ライナー抜け)  price:\400

ジェフ・バクスター、ジョン・ハートマンが脱退、ジョン・マクフィー、コーネリアス・バンパス、チェット・マクラッケンの3人が加入しての初めての作品となった80年のスタジオ・アルバム。AOR名盤として名高い前作『ミニット・バイ・ミニット』同様、マイケル・マクドナルド主導による都会的なブルー・アイド・ソウルなAOR路線を推進し、更にバンパスによるラテン・テイストも随所に加わった一枚。歌詞付き。<付属の解説・対訳が抜けています。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ドゥービー・ブラザーズ 「ドゥービーズ・ベスト」 
(WARNER BROS. WPCP-5337)  国内盤帯なし Release 1993
状態 B'(盤に少し疵多めにあり。再生確認済み) price:\500

ドゥービー・ブラザーズ、93年リリースのベスト・アルバム。トム・ジョンストン主導の王道アメリカン・ロック時代の第一期、マイケル・マクドナルド主導でAOR路線の第二期を通して聴ける便利な一枚。72年のセカンド・アルバム『トゥールーズ・ストリート』収録のBEFから、80年の『ワン・ステップ・クローサー』収録のOまで収録。Qは@のリミックス・ヴァージョン。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい マイケル・マクドナルド 「ノー・ルッキン・バック」(Warner Bros. 32XD-325)
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレあり) 国内盤帯なし Release 1985(国内盤定価\3,008)  price:\600

85年のセカンド・ソロ・アルバム。テッド・テンプルマンとマイケル自身の共同プロデュースによる本作は、ケニー・ロギンス等との共作による@、ジョー・ウォルシュがスライドを弾くA、83年に結婚したエイミー・ホランドとの夫婦共作F等、内省的なAOR色濃い作風だった前作から一転、力強いアメリカン・ロックを中心に展開した一枚。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DUKE TUMATOE AND THE POWER TRIO 「I Like My Job!」
(WARNER BROS. 9 25836-2)  US盤    Release 1989
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み)   price:\600

ビル・フィオリオの名で初期のREOスピードワゴンのメンバーだったデューク・トゥマトーの89年のライヴ・アルバム。CCRのジョン・フォガティのプロデュースによる本作は、ルックスのイメージとは少し違った高い声で歌うはブルージーなロック。オリジナルを中心に、ヤードバーズもカヴァーしたウィリー・ディクソンのF、ロバート・ジョンソンのG等も収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ERIC SARDINAS 「Treat Me Right」(EVIDENCE ECD 26102-2)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミ、少しシワあり) US盤   Release 1999  price:\1,200

ロックな風貌と背中の「RESPECT TRADITION」の刺青がイナセなシンガー兼ギタリスト、エリック・サーディナスの99年のファースト・アルバム。ベースとドラムを従えたトリオ編成を軸に、スライド弾きまくりのハードなバンド演奏を中心に、アコースティックな演奏も楽しめる一枚。ハウリン・ウルフのカヴァーLには、ハウリンのバンドのギタリストとして活躍した故ヒューバート・サムリン、ジョニー・ウィンターのカヴァーMにはジョニー本人もゲスト参加。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE FABULOUS THUDERBIRDS 「Powerful Stuff」(CBSZK 45094)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり) US盤  Release 1989   price:\1,200

キム・ウィルソンとジミー・ヴォーンの双頭バンド時代のファビュラス・サンダーバーズの89年の通算7作目。ZZトップ等を手掛けたテリー・マニングのプロデュースによる本作もは、いつも通り変わらぬブルージーで骨太なロックを、オリジナル、カヴァー交えてプレイ。映画『カクテル』のサントラに収録されたアルバム・タイトル曲の新録ヴァージョンE、スリム・ハーポのカヴァーI等を収録。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ファビュラス・サンダーバーズ 「ウォーク・ザット・ウォーク」 
(EPIC SRCS 5519)  国内盤帯なし  Release 1991(国内盤定価\2,300)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み)   price:\800

ジミー・ヴォーンが脱退し、代わりにルームフル・オブ・ブルースの初代メンバーだったデューク・ロビラードとシュガー・レイ&ザ・ブルートンズ出身のキッド・バンガムが加入したファビュラス・サンダーバーズの91年のアルバム。プロデュースにはキース・リチャーズのソロ作で脚光を浴びたスティーヴ・ジョーダンを迎え、キム・ウィルソンのブルース・ハープが唸りを上げ、ブルージーでアーシーで骨太なロックンロールの連発で何も変わっていない事を力強く表明した一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE FABULOUS THUNDERBIRDS 「Roll Of The Dice」(PRIVATE 0100582130-2)
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワ、古本シミあり) US盤  Release 1995   price:\700

ファビュラス・サンダーバーズ、95年のアルバム。プロデュースにダニー・コーチマーを迎えた本作では、前作で加入した二人のギタリスト、デューク・ロビラードとキッド・バンガムが早くも脱退、デヴィッド・グリッソムとキッド・ラモスが曲によって分け合ってギターを担当(リズム・ギターはダニー・コーチマーが全曲担当)。メンバーは代わっても、ブルージーで骨太なロックンロールは何も変わらず。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい FREDDY JONES BAND 「Lucid」
(Capricorn 314 536 192-2)   US盤   Release 1997  price:\800
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)
ウェイン・ヒーリーとマーティ・ロイドを中心に結成されたシカゴの5人組、フレディ・ジョーンズ・バンド(人名バンドなのに、何故かフレディ・ジョーンズ氏はメンバーにおらず)の97年の通算4作目。オルタナティヴ的なところは無いものの、オルタナティヴ以降の90年代らしいモダンなアメリカン・ロックをパワフルに展開した一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい GEORGE THOROGOOD & THE DESTROYERS 「Live」(EMI CDP 7 46329 2)
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少し古本シミあり) US盤 Release 1986  price:\600

ジョージ・サラグッド&ザ・デストロイヤーズの86年3月、オハイオはシンシナティ・ガーデンのライヴを収録した、彼らにとって初めての実況録音盤。サラグッドのスライド・ギターとハンク・“ハリケーン”・カーターのサックスが唸る、豪快でパワフルなライヴ盤ならではの熱気溢れる盛り上がり必至の一枚。ボ・ディドリーのカヴァー@、ストレンジラヴズのガレージ・ヒットのカヴァーB、82年のファースト・シングルG、本ライヴ盤からシングル・カットされたチャック・ベリーのカヴァーI等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ジョージ・サラグッド&ザ・デストロイヤーズ 「ブギー・ピープル」
(EMI TOCP-6634)  国内盤帯なし  Release 1991(国内盤定価\3,000)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミあり) price:\800

91年リリースのスタジオ・アルバム。ジョン・リー・フッカーのB、マディ・ウォーターズのD、ハウリン・ウルフのEといったブルース・カヴァーから、疾走するチャック・ベリーのカヴァーI、@AC等のオリジナルの荒くれロックンロールまで、ワンパターン&マンネリの何が悪いのか?と開き直って訊きたくなるようなゴキゲンな一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい GEORGE THOROGOOD AND THE DESTROYERS 「The Baddest Of George Thorogood And The Destroyers」(EMI 0777 7 97718 2 0) US盤 Release 1992
状態 B'(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、残り疵やや多めにあり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、スレあり)  price:\500 

ジョージ・サラグッド&ザ・デストロイヤーズの92年リリースの初のベスト・アルバム。77年のデビュー・アルバム『George Thorogood And The Destroyers』収録のGから、91年のアルバム『Boogie People』収録のHまで、6枚のスタジオ・アルバムからのセレクト。また新録のロバート・ジョンソンのカヴァーBと、82年録音で未発表だったチャック・ベリーのカヴァーKも収録。痛快豪快な荒くれロックンロール一筋の彼等の軌跡の途中、15年の活動を簡単に振り返られる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE GEORGIA SATELLITES 「Let It Rock: Best Of The Georgia Satellites」
(ELEKTRA 9 61336-2)  US盤  Release 1993  price:\700 
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、古本シミあり)

ダン・ベアード率いるジョージア・サテライツのベスト・アルバム。収録曲の内訳は86年のデビュー・アルバムからA〜E、88年のセカンド『Open All Night』から@G〜J、89年のサード『In The Land Of Salvation And Sin』からMNORSと、3枚のオリジナル・アルバムからは各5曲ずつ選曲。他は映画『カクテル』のサントラに提供したL、オムニバス収録のジョン・フォガティのカヴァーQ、日本だけでリリースされていた2枚のミニ・アルバムからのレア・テイクも収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ダン・ベアード 「無法者と愛の歌」 
(DEF AMERICAN PHCR-1186) 国内盤帯あり Release 1992(国内盤定価\2,500)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。ジャケット表面にスレあり) price:\900
ジョージア・サテライツのダン・ベアードが、92年にリリースしたファースト・ソロ・アルバム。サテライツ時代からの盟友、マウロ・マジェランのドラム、初期サテライツに在籍していたブレンダン・オブライエンとキース・クリストファーを中心にした演奏陣をバックに、兎に角ルーズでカッコいいゴキゲンなロックンロール、即ちサテライツ時代から何も変わっていない、ロックンロール馬鹿一代の生き様を堪能できる一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい DAN BAIRD 「Buffalo Nickel」 
(American Recordings 74321 29517 2) EC盤 Release 1996  price:\800
状態 B'(盤にかなり疵あり。再生確認済み。スリーヴに少し疵あり)

変わらないことの良さ、素晴らしさを体言する男、ダン・ベアード。ジョージア・サテライツ時代からちっとも変わらぬ潔さ、一途さ、続けることの意義というか続けているからこそ出せる味。サテライツ時代、ソロ作、どれを聴いても大きな違いはないながらも、どの作品も素晴らしくカッコイイ!96年にリリースされた、このソロ2作目も相も変わらずのロックンロール一本やり。それでもやっぱり最高な一枚。NRBQの大名曲Bやディープ・パープルでも知られるHのカヴァーも収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい G・ラヴ&スペシャル・ソース 「イェー、イッツ・ザット・イージー」 
(Okeh ESCA 6722)  国内盤帯あり   Release 1997(国内盤定価\2,345)
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\1,000

97年の通算3作目。本作以降の彼等の作品を聴いていないので全作品中とは言えませんが、3作目までなら間違いなく、本作が彼等の最高傑作と言い切ってしまって構わないと思います。確かに衝撃的だったデビュー・アルバムはカッコ良かったのですが、初めの数曲のインパクトで後の曲になるほどダレる感じがしたのが、本作は本当に曲が粒揃いで、アルバム通して飽きさせない作りになっています。日本盤のみボーナス・トラックMNを追加収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい G.LOVE & SPECIAL SAUCE 「Philadelphonic」 
(OKEH BK 69746)  US盤 Release 1999  price:\800
状態 B(盤に薄いスリ疵<研摩跡>あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

G.ラヴ&スペシャル・ソースの99年の通算4作目。リンダ・ルイスの「Clean Up Woman」をサンプリングしたA、ランDMC、エリックB&ラキム、デ・ラ・ソウル等、ラッパー達の名をシャウト・アウトするJ等、ヒッップホップ色が若干濃くなっており、一聴した感じはファーストを聴いた時の感触に近い一枚。また、いち早くジャック・ジョンソンのCを採り上げており、デビュー前のジャック・ジョンソンもアコギとコーラスで参加。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい Gラヴ 「ハッスル」(Brush Fire/EPIC EICP 394) 国内盤デジパック仕様帯なし
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。紙ジャケ表面に疵あり) Release 2004(国内盤定価\2,520)  price:\800

グループ名からスペシャル・ソースを省き、Gラヴと短くなっての、2004年の通算4作目。マリオ・カルダート・ジュニアを中心にしたプロデューサー陣を迎えた本作は、ガレージ・バンド並みのRAWなサウンドが刺激的な@、初期の彼等の代名詞となったヒップホップ・ブルーズのスタイルによるA、ジャック・ジョンソンをフィーチャーしたレゲエ・スタイルのD等、前作同様、軸をしっかりと持ちながら、音楽的な幅を更に押し広げた一枚。日本盤のみボーナス・トラックを2曲追加収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE GREASE BAND 「The Grease Band & Amazing Grease」 
(LINE LICD 9.01101)  Germany盤   Release 1991  price:\1,300
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。ジャケット表面に薄い疵あり)

ジョー・コッカーのバックを担当していたグリース・バンドの71年の英国産スワンプの傑作の誉れ高いファースト(@〜I)と、再結成後の75年のセカンド(J〜Q)との2イン1CD。グワーッと盛り上がっていくコッカーのバックの時代とは違い、抑え目の渋い演奏が魅力的な、とても英国産とは思えない、土臭さたっぷりの作品。後にヘンリー・マッカロクはウィングスに加入〜ソロへ。アラン・スペナーとニール・ハバードはココモに加入。裏ジャケの曲目表、CDラベルの曲目表記それぞれ異なる1曲が抜けのミスプリあり。(正しい収録曲はジャケ写クリックして、別窓で表記される曲目表を御覧下さい。)

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ハンス・シーシンク 「コール・ミー」(MINOR MUSIC SC-9103) 
国内(直輸入仕様)盤デジパック仕様帯なし Release 1993(国内盤定価\2,800)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。ジャケット表面に疵、角に少し傷み、付属ライナーにシワあり) price:\1,000

オーストリアをベースに活躍するヨーロピアン・スライド・ギタリストの93年のアルバム。ヨーロッパのギタリストとはいえ、出てくる音楽はもろにアメリカン・ルーツ・ミュージック!ほぼ全曲をベースの代わりにチューバを導入した本作は、@BCDにメイシオ・パーカー、フレッド・ウェズリー、ピー・ウィー・エリスといったJB'sの面々が、ABHIJにボビー・キングとテリー・エヴァンス、Kにガース・ハドソンとリック・ダンコが参加。低く渋い歌声とリゾネーター・ギター使用のスライド・プレイを堪能できる一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい フーターズ 「ワン・ウェイ・ホーム」
(CBS 32DP 797)  国内盤帯なし  Release 1987(国内盤定価\3,200)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み)  price:\800

87年リリースの通算3作目となるメジャーでのセカンド・アルバム。ヒットした前作と比べ、セールス面では後退したものの、マンドリンやアコーディオン等の大幅導入で、よりアメリカン・ルーツ色を増し、音楽的な進歩を果たした一枚。インディー時代のファースト収録曲のリメイクD、レゲエ風味のE、アメリカン・ハード・ロックなG等を収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JAMES MONTGOMERY BAND 「The Oven Is On」(TONE-COOL CD 1145)
状態 B'(盤にスリ疵<研磨跡>、残り疵多めにあり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しスレあり) US盤  Release 1991  price:\600

シンガー兼ハープ奏者のジェームス・モンゴメリーが自らのバンドを率いてリリースした91年もアルバム。ブルース・ハープを堪能できるインストA、本作のプロデュースも担当したロン・レヴィ―のオルガンが彩りを添えるスロウなD、ホーン・セクションが煽るロックンロールG、トーキング・スタイルのヴォーカルというよりもラップにより近いヴォーカルがキマッてるK等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE JEFF HEALEY BAND 「Hell To Pay」
(ARISTA ARCD-8632)   US盤   Release 1990
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み)  price:\800

今年(2008年)3月、癌のため惜しくも亡くなった盲目のギタリスト、ジェフ・ヒーリー率いるトリオ、ジェフ・ヒーリー・バンドの90年のセカンド・アルバム。エド・スタシウムのプロデュースによる本作は、マーク・ノップラーの作品でノップラー自身も参加したA、ジョン・ハイアット作のD、ジョージ・ハリソンとジェフ・リンがゲスト参加したビートルズのカヴァーF等を収録。膝の上にギターを寝かせて、スライド・ギターを弾くヒーリー独特の奏法によるギター・プレイを楽しめる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE JEFF HEALEY BAND 「Cover To Cover」
(ARISTA 74321 23888 2)   EC盤    Release 1995
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり) price:\800

ジェフ・ヒーリー率いるトリオ、ジェフ・ヒーリー・バンドの95年のアルバム。ヤードバーズ、ジミ・ヘンドリックス、ビートルズ、ロバート・ジョンソン、ウィリー・ディクソン、C.C.R.、クリーム、レッド・ツェッペリン等、タイトル通り全編カヴァーで構成された、膝の上にストラトキャスターを乗せて、スライドを弾きまくるジェフのギター・プレイを堪能できる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ジェシー・マリン 「NY、光と影」(One Little Indian TECI-24173)  国内盤帯あり
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレ、付属ライナーに少しシワあり) Release 2003(国内盤定価\2,520) price:\700

2002年に英国で先行リリースされ、翌2003年に本国アメリカでもリリースされたファースト・ソロ・アルバム。ライアン・アダムスの初プロデュース作ともなった本作は、シングル・カットされたキャッチーな@、元パンク・ロッカーであった事を思い出させるパンキッシュなC等、ニューヨークのスタジオで6日間で一気に録音したという勢いを感じさせる、新たなオルタナティヴなアメリカン・ロッカー登場を予感させた一枚。日本盤のみ@のプロモ・ヴィデオを収録したエンハンスドCD仕様。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JIMMY THACKERY AND THE DRIVERS 「True Stories」
(TELARC CD-83572)   US盤デジパック仕様  Release 2003   price:\800
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。紙ジャケ表面に疵あり)

元ナイトホークスのヴェテラン・ホワイト・ブルース・シンガー兼ギタリスト、ジミー・サッカリーがドライヴァーズを率いてリリースした2003年のアルバム。全編で活躍するジミー・カーペンターのサックスが冴える陽気なA、リーバ・ラッセルがコーラスで盛り立てるスロウ・ブルースB、バディ・ジョンソン・アンド・ヒズ・オーケストラのカヴァーで、スウィングするジャンプ・ブルースJ、ギターが咽び泣くロイ・ブキャナンのカヴァーのインストJ等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOE SOUTH 「Classic Masters」(Capitol 72435-37469-2-6)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少し古本シミあり) US盤  Release 2002  price:\600

アトランタのルーツ・ロッカー/シンガー・ソングライター、ジョー・サウスの2002年リリースの24ビット・デジタル・リマスターのベスト・アルバム。50年代後半にレコード・デビュー後、しばし裏方に徹していたサウスが表舞台に戻った69年の再デビュー後のキャピトル在籍時代の音源をまとめた一枚。69年に大ヒットした代表曲A、ディープ・パープルのカヴァー・ヴァージョンがヒットしたC等を収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ジョン・ハモンド 「ゴット・ラヴ」(VIRGIN VJCP-28106) 
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み) 国内盤帯なし Release 1992(国内盤定価\2,800)   price:\800

ジョン・ハモンド、92年のアルバム。J.J.ケールのプロデュースによる本作は、スプーナー・オールダム、ティム・ドラモンド等、ケールのバンドがバックを担当する@DH(@のみケールもギターで参加)、ジョン・リー・フッカーがゲスト参加したA、弾き語りによるBFGI(Fはトム・ウェイツの提供曲)等を収録。デルタ・ブルースの求道者らしい、生真面目な渋さがアルバム全体を貫く一枚。解説・歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHN HAMMOND 「Long As I Have You」
(POINTBLANCK/Virgin VPBCD44)  EU盤   Release 1998  price:\800
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

ジョン・ハモンド、98年のアルバム。ハモンド自身のプロデュースによる、リトル・チャーリー・アンド・ザ・ナイトキャッツがバックを担当した、軽快なバンド・サウンドによる演奏を中心に、J.J.ケールのプロデュースによるL〜Nでは、ウォッシュボード奏者のウォッシュボード・チャズ・リアリーとのデュオによるアコースティック・セッションも楽しめる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHN HIATT 「Warming Up To The Ice Age」
(GEFFEN 9 24055-2)  US盤 Release 1985
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\900

ジョン・ハイアットのゲフィン時代最後となる85年のアルバム。ゲフィン時代はニュー・ウェイヴ期のパワー・ポップ的な作品が多かったハイアットですが、本作もチョッパー・ベースを多用する等の80年代的な軽めの音ながら、次作『Bring The Family』以降の路線への過渡期を思わせる作品となっています。ボビー・キングとのデュエットA、エルヴィス・コステロとのデュエットD等のゴキゲンなブルー・アイド・ソウルが多くなっており、まさにウォーミング・アップ完了といった感じです。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHN HIATT 「Bring The Family」 
(A&M CD 5158 DX 1675)  US盤 Release 1987
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み)  price:\700

ジョン・ハイアットのA&M移籍第一弾にして、傑作の誉れ高い87年の作品。ライ・クーダー、ニック・ロウ、ジム・ケルトナーを迎えて制作された本作は、以降のハイアットのスタイルを決定づける、アメリカン・ルーツ色濃い地味渋路線を確立した一枚。本作を制作した4人はこの後、裏スーパー・グループ“リトル・ヴィレッジ”を結成。92年にアルバム一枚を制作するも残念ながら自然消滅。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHN HIATT 「Perfectly Good Guitar」  
(A&M 31454 0135 2)  US盤   Release 1993
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み)   price:\700

93年の通算12作目。プロデューサーにリプレイスメンツやポール・ウェスターバーグ、フェイス・ノー・モア等を手掛けたマット・ウォレスを迎え、後にウォールフラワーズに加入するマイケル・ワードを中心とした若いメンバーをバックにして、アルバム・タイトルにもあるように、よりギター・オリエンティッドなラフで力強いサウンドとなっています。7thのスリー・コード・ブルース・ロックのG等、ハイアットの渋い声とギター主体のアメリカ南部ロック・サウンドが楽しめる一品です。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHN HIATT 「Hiatt Comes Alive At Budokan?」(A&M 31454 0284 2) 
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレあり) US盤 Release 1994  price:\800

ジョン・ハイアット、94年の全米ツアーを収録したライヴ・アルバム。柔道着に鉢巻で武道館ライヴ?と茶目っ気たっぷりのジャケットとは裏腹に、一回り若いミュージシャン3人からなるギルティ・ドッグスを率いて、生真面目に熱く激しいライヴを展開した一枚。ジェフ・ヒーリーのために書いたEを除くと、『ブリング・ザ・ファミリー」からBFGIM、『スロウ・ターニング』からCDHKLN、『ストールン・モーメンツ』から@A、『パーフェクトリー・グッド・ギター』からJと、A&M時代の4作からの曲に絞った選曲。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい JOHNNY WINTER 「Serious Business」(ALLIGATOR ALCD 4742)
状態 B'(盤にスリ疵<研磨跡>、残り疵やや多めにあり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、古本シミあり) US盤  Release 1985  price:\600

ジョニー・ウィンター、アリゲーター移籍第二弾となる85年のアルバム。ジョン・パリスのハーモニカが色を添えるBDEH以外はギター、ピアノ、ベース・ドラムの4ピースのシンプルな編成での演奏でまとめた本作は、カッコ良いギター・リフが曲を引っ張る@、クラレンス・ガーロウのゴキゲンなカヴァーAI等を収録。どの曲もウィンターの最高なギター・ソロを存分に満喫できる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい レオ・コッケ 「月に吠える」(Private 32XB-86) 
状態 B'(盤にやや疵多めにあり。再生確認済み。スリーヴにかなり古本シミ、少しスレあり) 国内盤帯なし Release 1986(国内盤定価\3,200) price:\600

アコースティック・ギターの名手、レオ・コッケの86年のアルバム。全編インストで構成された本作は、躍動感溢れる@、過去の楽曲の再演CG等、彼のギター・プレイは存分に堪能できるものの、渋いアメリカン・ルーツ・ロック色は皆無の、曲によってはニュー・エイジ・ミュージック的な穏やかさとアーティスティックな感触を味わえる一枚。解説付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LEO KOTTKE/MIKE GORDON 「Clone」(PRIVATE MUSIC 01934-11662-2)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しスレあり) US盤  Release 2002  price:\800

アコースティック・ギターの名手、レオ・コッケとフィッシュのベーシスト、マイク・ゴードンとの2002年の初コラボレート・アルバム。多重録音を交え、全ての唄&楽器を二人だけでこなした本作は、コッケとゴードンの共作による@G、フィッシュの独特な雰囲気は実はゴードンのセンスだったのかと明らかになるゴードン作のACDM(AMはジョー・リニッツとの共作)、コッケ作のインストEFJ、マール・ハガードのカヴァーH等を収録した、両者の持ち味が存分に発揮された一枚。好評につき二人のコラボは2006年にも次作をリリース済み。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LEON RUSSELL 「Will O'The Wisp」(SHELTER/DCC SRZ-8007)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) US盤  Release 1990  price:\700

レオン・ラッセル、75年のソロ通算6作目となるスタジオ・アルバム。村岡実の尺八等を導入した邦楽調のイントロからJ.J.ケールが参加したスワンプ路線へと展開するC、ブッカー・T&ザ・MG'sからスティーヴ・クロッパーとアル・ジャクソンが参加したバラードD、更にMG'sから前述の二人に加え、ドナルド・ダック・ダン、ボビー・マニュエルも参加したEFJ(Jのみダック・ダンは不参加)等を収録。シンセを随所に導入したり、日本の邦楽を採り入れたり、新機軸を見せつつ、曲の良さが沁みる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LITTLE FEAT 「Dixie Chicken」(WARNER BROS. 7599-27270-2)
Germany盤  Release 1973  price:\600
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済。スリーヴに少しシワあり) 

リトル・フィート、73年の通算3作目にして彼等の最高傑作の誉れ高い一枚。ロイ・エストラーダが脱退し、ケニー・グラッドニー、サム・クレイトン、ポール・バレールが加わり6人編成になった本作では、ニューオーリンズ音楽を大々的に採り入れ、セカンド・ラインのシンコペイトするリズムが強固になった圧倒的なサウンドを展開。イントロから名盤の香りが漂ってくるような@、ニューオーリンズ・ファンクなA、名曲「ウィリン」路線のB、アラン・トゥーサンをより重厚なスワンプ・ロックでカヴァーしたC、再結成後にメンバーになるフレッド・タケット作の爽やかなE、スライド・ギターを堪能できるインストI等を収録。アルバムとしての流れも見事な、今も燦然と輝く名盤。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LITTLE FEAT 「Down On The Farm」
(WARNER BROS. 3345-2)   US盤   Release 1979
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり)  price:\900

ローウェル・ジョージのソロ・アルバムのリリース、グループの解散宣言と激動の年となった79年のリトル・フィートを襲ったローウェルの急死。これを受けて未完成だった録音を完成させ、ローウェル在籍時代のラスト・アルバムとしてリリースした79年の通算7作目のスタジオ・アルバム。数々の名作を残した彼等の名盤群と比較しては酷とはいえ、ローウェル在籍時の最後のプレゼントとして楽しめる一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい レーナード・スキナード 「セカンド・ヘルピング」(MCA UICY-6237)
国内盤帯なし  Release 2006(国内盤定価\1,680)  price:\800
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり)

サザン・ロックを代表する名バンド、レーナード・スキナードの74年リリースのセカンド・アルバムの2006年リリースの国内盤CD。特にボーナス・トラックが追加される事もなく、アナログ時代と同じ収録曲での再発となった一枚。前作に引き続き、アル・クーパーがプロデューサーを務めた本作は、彼等最大のヒットとなったシングル@を筆頭に、ルーズでレイドバックした曲から、トリプル・ギターが炸裂するハードな曲まで、彼等の魅力が詰まった代表作。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LYNYRD SKYNYRD 「Street Survivors」(MCA MCAD-11535)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミあり) US盤  Release 1996  price:\700

レーナード・スキナード、77年リリースの通算5作目。本作リリース直後の同年10月20日、ツアー中の移動の自家用飛行機が墜落。ロニー・ヴァン・ザントとスティーヴ・ゲインズが死亡し、バンドは解散(後に再結成)する事となったという曰く付きのアルバム。ボーナス・トラック5曲追加の2001年盤や、ボーナスCD付きの30周年記念盤等もリリース済み。(本CDはオリジナル・アルバムと同じ全8曲収録。)

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LYNYRD SKYNYRD 「Skynyrd's Innyrds/Their Greatest Hits」
(MCA MCAD-42293)   US盤   Release 1989
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み)  price:\800

オールマン・ブラザーズ・バンドと共にサザン・ロックを代表する名バンド、レーナード・スキナードの89年のベスト・アルバム。73年のデビュー・アルバム『レーナード・スキナード』から77年の『ストリート・サヴァイヴァーズ』までの5枚のスタジオ録音作からの音源に加え、87年にリリースされた未発表作品を集めた『Legend』からのF、未発表だったアウトテイク・ヴァージョンDEを収録した、飛行機事故による悲劇の前の、黄金時代の作品を集めた一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LYNYRD SKYNYRD 「1991」(ATLANTIC 7 82258-2)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに軽い挟み跡、内側に少し色落ち箇所あり) US盤  Release 1991  price:\700

77年の飛行機事故で主要メンバーを亡くし解散。87年の10周忌のトリビュート・ツアーを経て、遂に完全復活したレーナード・スキナードの91年の再結成第一弾アルバム。プロデューサーには名匠トム・ダウドを迎え、ヴォーカルに故ロニー・ヴァン・ザントの実弟ジョニーが加わり、トリプル・ギターにツイン・ドラムスを擁するパワフルな編成が繰り出す豪快なサザン・ロックで、完全復活を印象付けた一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい LYNYRD SKYNYRD 「Twenty」
(CMC 0607686211-2)  US盤   Release 1997
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み) price:\1,200

77年の飛行機事故で、ヴォーカルのロニー・ヴァン・ザント、スティーヴ・ゲインズを亡くしたサザン・ロックを代表するバンド、レーナード・スキナードが事故から10年後、ロニーの弟ジョニーを迎え再編、本作は事故から20年後となる97年にリリースされた作品。目玉はロニーが76年に録ったヴォーカルを元に、デジタル・レコーディングにより兄弟デュエットを実現させたD。他にも南部フィーリング溢れる熱い楽曲を多数収録。DIのみ歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい MARIA MULDAUR 「Maria Muldaur」(REPRISE 2148-2) US盤 Release 1973
状態 C(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、薄い残り疵かなりあり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワ、古本シミあり)  price:\400

イーヴン・ダズン・ジャグ・バンド〜ジム・クウェスキン・ジャグ・バンド〜ジェフ&マリア・マルダーの夫婦デュオとしての活動を経て73年にリリースした、マリア・マルダーのファースト・ソロ・アルバム。ライ・クーダーとデヴィッド・リンドレーのギターに導かれマリアの歌声が舞い踊る@、ニック・デカロによるストリングスを導入した名曲A、Dr.ジョンがピアノを弾くEHI等を収録。前述のゲストを含めた豪華なバックを従え、天使のような極上の歌声でジャグ・バンド、カントリー、フォーク、ジャズ等の多様な音楽性を展開した不動の名盤。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい MAURICE FRAWLEY AND WORKING CLASS RINGOS 「Livin Lazy」
(Id ID00362)  Australia盤   Release 1994
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\1,000

オーストラリアン・ロッカー、モーリス・フローリー率いるワーキング・クラス・リンゴスの94年のアルバム。ロニー・レイン&スリム・チャンスのB、ローリング・ストーンズのG、ボブ・ディランのJというカヴァー・センスからもわかるような、ドブロやラップ・スティール等を多用した英国経由の土臭いアコースティック・サウンドの南部ロックは、オーストラリアン・ロックといえ、矢張りアメリカン・ルーツ・ロック・コーナーに分類。少し舌足らずのようなフローリーのヴォーカルも個性的。歌詞付き(カヴァー曲除く)。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE MOONLIGHTERS 「Hello Heartstring」(ONLIEST 002)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、表面に少し疵あり) US盤  Release 2002  price:\1,300

NYの男女4人組、ドラムレスのアコースティック・バンド、ムーンライターズの02年のセカンド・アルバム。ウクレレ、スティール・ギター、アコギ、アコースティック・べースの編成に、曲によってコルネットやクラリネット等がゲスト参加。ラグタイムやハワイアン、アコースティック・スウィング等、女性二人のツイン・ヴォーカルによるノスタルジックで異国情緒漂う心地良いサウンド満載の一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい OMAR AND THE HOWLERS 「Courts Of Lulu」
(BULLSEYE BLUES CD BB 9541)   US盤   Release 1993
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり) price:\800

テキサスはオースティンを拠点とするヴェテラン・ブルース・ロック・バンド、オマー・アンド・ザ・ハウラーズの93年のアルバム。サックスが煽りまくる@、アーシーなオルガン入りのA、アコーディオンが効果的なB、ヴァイオリンが入ったC等、曲によって編成も異なり、ブルースを軸に、ロックンロールあり、アメリカン・ロックありのノリノリの一枚。メタボな腹から振り絞り出される、オマー・ケント・ダイクスのシャガれたシャウトも存在感たっぷり。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE PAUL BUTTERFIELD BLUES BAND 「The Paul Butterfield Blues Band」
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミあり)(ELEKTRA 7294-2)   US盤   Release 1987  price:\600

シカゴを拠点にしたエレクトリック・ブルース・バンド、ポール・バターフィールド・ブルース・バンドの65年のファースト・アルバム。バターフィールドのヴォーカル&ハーモニカ、マイク・ブルームフィールドのスライド・ギターにエルヴィン・ビショップのリズム・ギターという最強の布陣による、切れ味鋭いアンプリファイド・ハープと二本のギターを軸に、タイトな白人(厳密に言えば人種混合)ブルースのカッコ良さを堪能できる一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE BUTTERFIELD BLUES BAND 「The Resurrection Of Pigboy Crabshaw」
(ELEKTRA 74015-2)  US盤  Release 1989
状態 B(盤に疵あり。再生確認済。スリーヴに少しシワあり)  price:\600

マイク・ブルームフィールドが脱退、エルヴィン・ビショップがリード・ギタリストに昇格したバターフィールド・ブルース・バンドの67年の通算3作目。ホーン・セクションが加わった本作は、マーヴィン・ゲイの@、ボビー・ブランドのB、アルバート・キングのC、オリジナルのDG、オーティス・ラッシュのE等を収録。バターフィールドの代名詞だったアンプリファイド・ハープを封印し、全編生ハープを演奏。ホーンを加えアーバンなブルースを展開した一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい PAUL BUTTERFIELD'S BETTER DAYS 「Paul Butterfield's Better Days」 
(Bearsville R2 70877)  US盤   Release 1973    price:\700
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み)

ポール・バターフィルド・ブルース・バンドとしてホワイト・ブルースを牽引していたバターフィールドが、ハングリー・チャックのエイモス・ギャレットやジム・クウェスキン・ジャグ・バンドのジェフ・マルダー等と結成したベター・デイズの73年のデビュー・アルバム。ウッドストックのベアズヴィル・スタジオでの録音ということもあるのか、全体にリラックスした雰囲気で、より柔軟にほのぼのとプレイすることで、白人によるブルースの傑作となった名盤の誉れ高い一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい PETE DROGE 「Spacey And Shakin」
(Fifty Seven/Epic EK 68974)  US盤  Release 1998
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) price:\800

再びソロ名義でのリリースとなったピート・ドロージ、98年の通算3作目。3作続けてのプロデュースを担当したブレンダン・オブライエンの下、ボトムの低い重厚なバンド・サウンドを展開。アーシーな味わい溢れるスロウI、アコースティックで朴訥なJ等、ルーツ・ロック色を軸にしながらも全体的には、よりサイケやオルタナティヴな要素が増した一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE PETER MALCIK GROUP 「Chance & Circumstance」(High Note HN139CD)
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。外箱表面に疵、スリーヴに少しシワ、挟み跡あり)   US盤BOX仕様  Release 2003   price:\700

ギタリスト、ピーター・マリックの2003年のアルバム。ノラ・ジョーンズ、ジェス・クライン、カースティン・プロフィット、アンティエ・ダヴコット、娘のマーシー・マリックの5人の女性シンガーを各曲にフィーチャーした一枚。マリック自身もヴォーカルを取り、ノラとデュエットするストーンズを思わずオリジナル曲D、ボブ・ディランのカヴァーK、マジック・サムのカヴァーL等、ノラが最多の6曲に参加。ノラ参加曲のみを抜粋したミニ・アルバムもリリース済み。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい THE REFRESHMENTS 「Fizzy Fuzzy Big & Buzzy」
(Polygram 314 528 999-2)  US盤   Release 1996
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み)  price:\700

アリゾナの4人組、リフレッシュメンツのメジャー移籍第1弾となる通算2作目。アメリカン・ルーツ・ロックというよりは土臭いオルタナティヴ・ロック・バンドといった感じで、ヴォーカルの声が若々しい。メロコア等しか聴いた事が無い若人が、ちょっとアメリカン・ロックを聴いてみたいという時等に、重宝しそうな感じ。次作で解散し、ヴォーカルのロジャー・クラインはピースメイカーズを率いて活動中。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい REO SPEEDWAGON 「Hi Infidelity」
(EPIC EK 36844)  US盤   Release 1980  price:\600
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワあり)

REOスピードワゴン、『禁じられた夜』の邦題で知られる81年の通算9作目のスタジオ・アルバムにして、全米アルバム・チャート15週連続のNo.1を記録した大ヒット・アルバム。ジャングル・ビートを採り入れた@、先行シングルで全米No.1に輝いたA、Aより日本では認知度が高そうな日本独自のヒットを記録したC(邦題「涙のレター」)等を収録。産業ロックと一部で揶揄されたポップでスタジアム等の広い会場で映える大味のアメリカン・ロックの先駆け的な一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい REO SPEEDWAGON  「The Hits」
(EPIC EK 44202)   US盤   Release 1988   price:\800
状態 B(盤にスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり)

REOスピードワゴンの88年リリースのベスト・アルバム。73年のMから88年のAまでランダムに収録。大ヒットした80年のアルバム『Hi Infidelity(邦題:禁じられた夜)』からはCEGを収録(何故か、本作も「In Your Letter(邦題:涙のレター)」は未収録)。スタジアムで映えるような大袈裟なアメリカン・ロックと、甘いハーモニーのバラードで80年代に人気を誇った彼等を知るには便利な一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい RICK HOLMSTROM 「Hydraulic Groove」
(TONE-COOL/ARTEMIS 751 134-2)   US盤   Release 2002
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み)  price:\900

白人ブルース・ギタリスト、リック・ホルムストロムの2002年リリースのソロ通算3作目。ジョン・メデスキが参加したKNや、DJロジックによるDのリミックスL等をボーナス・トラックとして収録しているように、トラディショナルなブルース色も残しつつ、ヒップホップやファンク、ジャズ、ロックンロール等、様々な要素が融合したサウンドを展開した一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい RITA COOLIDGE 「Greatest Hits」
(A&M CD 3238)  US盤  Release 1980
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\800

リタ・クーリッジの80年リリースのベスト・アルバム。収録曲の内訳は71年の『Nice Feelin' 』からDH、72年の『The Lady's Not For Sale』からJ、75年の『It's Only Love』からK、77年の『Anytime...Anywhere』からACEGI、79年の『Satisfied』からF、80年の『Fool That I Am』からB、@は恐らくこのベストのための新録。“デルタ・レディ”の異名を持つ彼女ながら、ジャケットのイメージ通りのバラード主体の選曲。一般的にはバラード歌手という事でしょうか?

収録曲についてはこちらをクリックして下さい リタ・クーリッジ 「アンド・ソー・イズ・ラブ」
(Paddle Wheel KICJ 485) 国内盤帯あり Release 2005(国内盤定価\2,800)
状態 B'(盤に目立つ雑なスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み) price:\600

L.A.スワンプの歌姫が本格的ジャズ・ヴォーカルに挑んだ05年のアルバム。イエロージャケッツ(以下YJ)のベーシスト、ジミー・ハスリップがプロデュースによる本作は、同じくYJのラッセル・フェランテにテリー・リン・キャリントン等を中心にした編成と、アラン・パスクァのピアノを軸にした編成と、ほぼ半分ずつで構成。ボブ・シェパードのソプラノが盛り立てるB、ボズ・スキャッグスの名曲のカヴァーD、ハーブ・アルパート参加のE(と別ヴァージョンL)、デイヴ・サミュエルズのヴァイブが色を添えるF等を収録。アコースティックなジャズ編成をバックに、リタの円熟の歌声がジャズ・シンガーとしても魅力的である事を示した一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ロイ・ロジャース&ノートン・バッファロー 「R&B」(BLIND PIG PICD-56)
国内(直輸入)盤帯あり  Release 1991(国内盤定価\2,678)
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み)  price:\1,200

ジョン・リーフッカーの『ミスター・ラッキー』等、プロデューサーとしての活躍でも知られる、白人ブルース・ギタリスト、ロイ・ロジャースが、ハープ奏者ノートン・バッファローとコラボレートした91年のデュオ・アルバム。パーカッションが参加したAK、チェロとヴァイオリンが参加したE以外は、ロジャースのアコースティック・ギターとバッファローのハープ、それぞれのヴォーカルのみのシンプルな演奏による、渋味より温かみを感じさせる、ほのぼのとしたアコースティック・サウンドが心地良い一枚。<日本語解説は元より付いていないようです。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい RY COODER 「Into The Purple Valley」(REPRISE 7599-27200-2)
Germany盤  Release 1972  price:\700
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり)

ライ・クーダー、72年のセカンド・アルバム。20年代から30年代のアメリカのトラディショナルを掘り起こし、卓越したギター・プレイを軸に現代(70年代)的な感覚で再生するというスタイルを前作から継承しつつ、前作から引き続きプロデュースを担当したレニー・ワロンカーに加え、共同プルデュースにヴァン・ダイク・パークスに代わり新たにジム・ディッキンソンが加わり、見事に統一感溢れる格段にまとまりのあるサウンドをアルバムを通して展開した一枚。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい スリム・リッチーズ・ドリーム・バンド 「スウィート・ジョージア・ブラウン」
(buffalo BUF-126)  国内盤帯なし   Release 2005(国内盤定価\2,500)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み) price:\1,200

テキサスのブルーグラスのインディ・レーベル、リッジ・ランナの主宰者で、アサイラム・ストリート・スパンカーズのスタンリー・スミスのジャズ・プロジェクト、ジャズ・ファラオズのギタリストも務める、スリム・リッチー率いるドリーム・バンドの2005年のアルバム。3人の女性ヴォーカリストをフィーチャーし、スタンダード曲を中心に、小粋なアコースティック・スウィングを展開した一枚。77年のアルバム『ジャズ・グラス』からのLM等、ボーナス・トラック3曲を追加収録。解説付き。<歌詞は元からなのか不明ですが付いていません。>

収録曲についてはこちらをクリックして下さい SOUTHERN PACIFIC 「Zuma」(WARNER BROS. 9 25609-2) 
US盤   Release 1988  price:\1,200
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワ、古本シミあり)

元ドゥービー・ブラザーズのジョン・マクフィーとキース・ヌードセン、元CCRのステュ・クック、後にソロ・デビューするカート・ハウエルが在籍したサザン・パシフィックの88年の通算3作目。二代目のリード・シンガーとして元パブロ・クルーズのデヴィッド・ジェンキンスを迎えた本作は、清涼感溢れるコーラスが心地良いB、マクフィーのクローバー時代の盟友、ヒューイ・ルイスがハーモニカで参加したEH等を収録。名のあるメンバーが揃ったヴェテランらしい、大らかなカントリー・ロックを中心に展開した一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE 「Soul To Soul」
(EPIC EK40036)  US盤   Release 1985   price:\600
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡あり

スティーヴィー・レイ・ヴォーン・アンド・ダブル・トラブルの85年の通算3作目。デヴィッド・ボウイの83年のアルバム『レッツ・ダンス』に起用され、一躍シーンに登場するや、すかさずソロ・デビュー。時代錯誤とも言えるブルース・ロックは逆に衝撃的で、90年の事故死まで、まさしく疾風怒濤のように音楽シーンを駆け抜けた伝説のギタリスト。本作ではキーボードやサックスを大々的に導入し、音圧の増した骨太なサウンドを聴かせてくれます。99年盤に収録のボーナス・トラック3曲は未収録です。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい STEVIE RAY VAUGHAN AND DOUBLE TROUBLE 「In Step」(EPIC EK 45024)
状態 B'(盤に疵少し多めにあり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、インナー上下に焼けあり)  US盤  Release 1989    price:\700

アルコール中毒を克服し、4年ぶりにリリースされた89年のスティーヴィー・レイ・ヴォーンの復活作。であったにも関わらず、翌年のヘリコプター事故での夭折によりダブル・トラブルとのオリジナル・スタジオ・アルバムとしてはラスト・アルバムとなってしまった作品。ロックンロールの@から、ムーディーなインスト・バラードIまで、気合の入ったギター・プレイを堪能できる一枚。現在、ボーナス・トラック収録の仕様の再発盤もリリースされています。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい VAUGHAN BROTHERS 「Family Style」(EPIC ZK 46225) 
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しスレあり) US盤  Release 1990  price:\600

スティーヴィー・レイ・ヴォーンとファビュラス・サンダーバーズを脱退した兄ジミー・ヴォーンとの、90年の最初で最後の兄弟共演アルバム。惜しくも本作が遺作となってしまったスティーヴィーと、兄ジミーの同じブルージーなギターながらスタイルの違うギター・サウンドを味わうのも良し、リラックスした兄弟ならではの息の合った雰囲気を楽しむも良し、わずか35歳で亡くなったスティーヴィーの才能を惜しむのも良しと、聴き方は万遍となくある一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい STUDEBAKER JOHN AND THE HAWKS 「Too Tough」
(BLIND PIG BPCD 5010)   US盤   Release 1994
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに少しシワあり) price:\800

シカゴの白人ブルース・シンガー、ギタリスト、ハープ奏者、スチュードベイカー・ジョンと彼が率いるザ・ホークスによる94年のアルバム。アンプを通して歪ませたハーモニカ、ハウンド・ドッグ・テイラーの影響濃いスライド・ギター等、荒っぽい雰囲気溢れるタフなシカゴ・ブルース満載の一枚。含み声のヴォーカルが非常に誰かに似ているのに、思い出せず無念。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい SUE FOLEY 「Young Girl Blues」 
(Antone's TMG-ANT 0019)  US盤  Release 1992   price:\1,200
状態 B(盤に少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しシワあり)

カナダ生まれのおきゃんな娘、スー・フォーリーがテキサスに渡り、若干23歳で録音した92年のデビュー・アルバム。リッキー・リー・ジョーンズを思わすブルージーとはいい難いキュートな歌声と、ピンクのペイズリー柄のテレキャスターから発せられる鋭いギター・プレイのギャップが何ともいえない一枚。スリー・ロッキン・レイディーズのアンジェラ・ストレーリとの熟女vs小娘のデュエットF、彼女のギター・プレイが堪能できるインストGI等を収録。『テキサス・ピンク・ペイズリー』のタイトルでリリースされていたジャケ違いの国内盤と内容は全く同じ。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい SUE FOLEY  「Big City Blues」 (anton's records ANT 0037)
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>、少し疵あり。再生確認済み。スリーヴに挟み跡、少しスレあり)  US盤   Release 1995  price:\700

スー・フォーリー、95年リリースの通算3作目。本作もリッキー・リー・ジョーンズがブルースを歌っているような、可愛らしく少し生意気そうなヴォーカルと、ピンクのテレキャスターを大胆にプレイするギャップを楽しめる一枚。オリジナル@EGJ、ボブ・ディランのBH、ハウリン・ウルフのA等を収録。今回はUS盤の入荷のため、日本盤ボーナス・トラックKは未収録。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい スウィンギング・ステイクス 「サウスサイド・オブ・ザ・スカイ」
(CAPRICORN WPCP-5731) 国内盤帯あり Release 1993(国内盤定価\2,400)
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み) price:\800

ボストンの5人組、スウィンギング・ステイクスのメジャー・デビュー作となる93年のセカンド・アルバム。レーベルが70年代に数々のサザン・ロックの名作をリリースしたカプリコーン、プロデューサーがスティーリー・ダン等で知られるゲイリー・カッツ、そしてこのアルバム・ジャケットと、70年代アメリカン・ロックの香りが漂う前情報を裏切る事の無い、爽やかなコーラス・ワークと渋いながらも軽妙な演奏が相まった、オーソドックスなアメリカン・ロック・アルバム。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい TERRY ANDERSON 「What Else Can Go Right」
(ESD 811152)   USサンプル盤  Release 1996
状態 B(盤に薄いスリ疵<研磨跡>あり。再生確認済み)  price:\1,000

元ジョージア・サテライツのダン・ベアードのソロ作への参加や、ベアードと結成したヤイフーズとしての活動でも知られるロッカー、テリー・アンダーソンの96年のセカンド・ソロ・アルバム。アコースティック・ギターの弾き語りによる@、ローリング・ストーンズのカヴァーK、リラックスしたL等を交えつつ、アルバム全体としては、ジョージア・サテライツに通ずるアーシーでルーズなロックンロール満載の一枚。歌詞付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい トッド・スナイダー 「ビバ・サテライト」 
(MCA MVCE-24101)  国内盤帯なし  Release 1998(国内盤定価\2,541)
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\600

98年の通算3作目。アルバム全編を通して、ソロでも活躍するウィル・キンブロウを中心とした固定メンバーをバックに、タイトなバンド・サウンドによるジョージア・サテライツ〜ダン・ベアード色が更に濃くなったような、ドライヴするアメリカン・ルーツ・ロックが痛快な一枚。スティーヴ・ミラー・バンドのカヴァーB、キンブロウ作のJ等も収録。バイオグラフィー・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい トミー・コンウェル&ザ・ヤング・ランブラーズ 「ギター・トラブル」 
(COLUMBIA CSCS 5298)  国内盤帯なし  Release 1990(国内盤定価\2,300)
状態 A'(盤にほんのわずか疵あり。再生確認済み)  price:\900
前作より2年ぶりとなったメジャー2作目。前作にあったメジャー感が消え南部色が強くなり、それでいてキャッチーな覚えやすさや勢いはそのままであったのにも関わらず、前作のようには売れなかったようで、(そのせいかは不明ながら)バンドは解散。フーターズのロブ・ミラーがバンドに加入し、ゲストにリトル・フィートのビリー・ペインやブルース・ホーンズビーも参加。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ザ・ウォールフラワーズ 「ザ・ウォールフラワーズ」
(Virgin VJCP-3374)  国内盤帯なし Release 1998(国内盤定価\1,784)
状態 B(盤にスリ疵<研摩跡>あり。再生確認済み)   price:\900

ジェイコブ・ディラン率いるウォールフラワーズの92年リリースのデビュー・アルバム。バンドとしてのブレイクは次作を待たなくてはならなかったものの、父ボブ・ディランに歌声はさほど似ておらず、CEH等のスロウなテンポからジワジワと盛り上げていく曲を中心に添えた、新人らしからぬ堂々たる存在感のみが父似である事を証明した一枚。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ザ・ウォールフラワーズ 「レベル、スウィートハート」(INTERSCOPE UICS-1097)
国内盤帯なし Release 2005(国内盤定価\2,548)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴ、付属ライナーに少しシワあり) price:\700 

ドラムに元ジゴロ・アンツのフレッド・エルトリンガムが新加入してリリースした2005年の通算5作目。プロデューサーにブレンダン・オブライエンを迎えた本作は、アーシーなオルガンとスライド・ギターが盛り立てる力強さ漲る@、センチメンタルなメロディにグッとくるファースト・シングルB、切なさと美しさとどこか郷愁も誘うDE、アコースティックでメランコリックなH等を収録。全曲作のジェイコブ・ディランのソングライターとしての魅力が大幅に増した事を実感する一枚。日本盤ボーナス・トラックとしてLを追加収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ZZ トップ 「リサイクラー」(WARNER BROS. WPCP-3872)
状態 B(盤に極薄いスリ疵<研磨跡>、疵あり。再生確認済み。スリーヴに古本シミ、少しスレあり) 国内盤帯あり Release 1990(国内盤定価\2,400) price:\600

83年の『イリミネイター』、85年の『アフターバナー』と大ヒット作を連発し、異例の5年というインターバルを置いてリリースした90年のアルバム。いつも通りにバンドのマネージャーも担当するビル・ハムのプロデュースによる本作は、桁外れの売り上げを誇る大ヒットとなった2枚のアルバムのプレッシャーに押し潰される事もなく、いつも通りにハード・ブギーを豪快に轟かせる痛快な一枚。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPartV』の主題歌I等を収録。解説・歌詞・対訳付き。

収録曲についてはこちらをクリックして下さい ZZ トップ 「リズミーン」 
(RCA BVCP-959)   国内盤帯なし  Release 1996(国内盤定価\2,500)
状態 B(盤に疵あり。再生確認済み)  price:\600

ZZトップ、96年の作品。セールス的にも大ブレイクを果たした80年代の明るく楽しく、シンセやサウンド・エフェクトを多用したサウンドからは一転し、ヘヴィで粗いギターのサウンドを中心とした剥き出しのサウンドで押しまくる、全編ブルージーな曲でまとめながら、保守的なイメージは少しもないアグレッシヴでカッコイイ一枚。解説・歌詞・対訳付き。

ページのトップへ
JAPANESE VERSION ONLY ◆ MUSIC FOR HEAVY LISTENERS